苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井優で動物虐待推進「Right-on」ライトオンはリアルファー製品の取り扱いと態度を改めて下さい。 #ライトオン不買 

全国に多数展開されている、大型ショッピングセンターなどで良く見かけるカジュアル系アパレルSHOP
「Right-on」
仲間がこんな宣伝してたよと教えてくれました。
キャッチフレーズは「新しい私が始まる」
蒼井優ちゃん違うよーーー!!始まるどころか終わるよーーー(´;ω;`)!!


「Right-on」のHPに行ったらこれまたでっかく暴力が目に飛び込んできて。
http://right-on.co.jp/
righton.jpg

人気の蒼井優ちゃんが着てたら欲しくなる人が増えてまた苦しむ動物が増えるね。。
全国に多数お店を構えてるお店がノーファー宣言してくれたら助かる動物が増えるね。

株式会社ライトオン  【Right-on Co.,Ltd.】
本社所在地
〒305-8503 茨城県つくば市吾妻一丁目11番1 [MAP]
Phone (029)858-0321(代)
Fax (029)858-0331
E-mail: info@right-on.co.jp
商品問い合わせフォーム https://right-on.jp/__contact/products.php

本社に電話。
「御社で扱ってらっしゃるリアルファー製品の件で意見したい事があるのですが。」

担当の方に回され片山さんという男性とお話。
今まで色々と電話してますが、こんなに最悪な対応に出会ったのは初めてです。
以前のレストローズの時も腹が立ちましたが、まだリアルファーが良くないものであるという認識があるという点では優遇できます。
文章では伝わらないと思いますが、ライトオンは開き直りが半端なく、終始威圧的な態度で押さえつけられる感じでした。
電話の録音の仕方も公開の仕方も解らないですが、録音しておかなかったのがこれほど勿体ないと思った事はありません。
職場だった事もあり終始冷静に話ましたが、頭の中は血がのぼってまぁ大変って感じでした、笑。
もっと沢山話したのですが記憶が曖昧な部分もあり、覚えてる部分を簡単ですが報告。
ちょっと無茶苦茶ですが、、
というか話がほんと無茶苦茶だったので何だかうまくまとめられませんでした。

さっち~ VS Right-on
「毛皮製品の存在に精神的苦痛を感じてる消費者の1人です。
蒼井優さんを使ってリアルファー製品を宣伝されてますが、」
っと、まだちゃんと話してもないうちから、いきなり敵対心を露わにする感じで話が始まりました。

「ああ、あれですか、タヌキを床に叩きつけるとかいうあれ。あんなのほんとかどうか解りませんよ。
何を知ってるって言うんですか?それが残酷だから止めてくれとかいう話ですか?
うちは象牙など、ワシントン条約で禁止されてるものなどは販売してませんよ。法には触れてませんよ。何も言われる筋合いはありません。」

動画見られた事ありますか?そういう事実があった事は確かですよ。
そもそもそれが全てではない事くらい解ってますし、床に叩きつけられてるからとか、生きたまま毛皮を剥がされてるとか、一部だけ見て私は毛皮に反対しているのではありません。
もし床に叩きつけられるなどの行為がなかったとしても、私はどうでもいい飾りの為に生み出され殺されている、毛皮製品そのものの存在に反対しています。
法律で規制されてないからといって動物虐待を見て見ぬふりしていいのでしょうか。

「ああ、じゃあ、あれですか?
足元見てくださいよ。みんな革靴はいてますよね?
それはどうなるんですか?
スーパーに並ぶお肉だって動物が苦しんで出来てますよ。
あなた食べてるんですよね?」

いえわたしベジアリアンです。
どんな風にそれが出来ているのかを知った事もあり、命の犠牲を減らせる選択を選びました。
それに毛皮の多くは副産物でもないし、皮革製品のためだけに生み出され殺されている動物もいますよ。

「そんなに可哀相どうこういうなら、うちじゃなくて、あなた養豚場に電話すればいいんじゃないんですか?養豚場に電話して下さいよ。」

殺してる人たちが悪いとでも?
肉だろうが毛皮だろうが、消費者がいるから成り立ってるんです。
その消費者の選択肢を握ってるあなたがたの責任は大きいです。

「うちはフェイクファーだって扱ってますよ。見て下さいよ。
リアルファーなんてほんの一部です。
それにニーズもあるんですよ。
私達のせいなんでしょうか?」

毛皮がどうやって出来てるか知らせてないですよね?
消費者は扱ってる商品がどんな風に出来てるのか知ってから初めて選択になるのではないんですか?
毛皮の作られ方を知っても欲しいという人がいるならそれはニーズだと思います。
売りたいならどんな風に作られてるか公開してほしいです。
ユニクロさんが、消費者の毛皮をなくしてほしいという声をうけて毛皮製品の販売をなくされたのはご存知ですか?その点についてはどう思われますか?

「そんなの知らないですよ。他の企業がどうしようがうちには関係ありません。
たぬきだって農作物を荒らしてますよ。
そういう中で私達は生きてるんです。
毛皮だけどうこう言っても仕方がないんですよ。」

なんで話がそう飛ぶんでしょうか?
何が仕方がないんでしょうか?
あなたもし目の前に助けれらる動物が現れたとして、肉食べてるから仕方がないって通り過ぎていくんですか?助けないんですか?

「あぁぁ、助けます、、、」

助けるんですよね。
私が言ってるのはそういう事なんですよ。

「はいはい、一応上には伝えときますよ。」

(ここでかなりビックリしました。今から上!?えっ!?あなた誰?ってなりました。 
これだけ横柄な態度を取るんだからてっきり上と言われる人なんだろうと思ってました。)

販売責任者の方ではないんですか?
片山さんはなんの担当の方なんですか?

「お客様相談窓口の責任者をさせて頂いております。」

そうなんですね。伝えて下さるとのことですので、私がいった事そのまま伝えて頂くようお願い致します。片山さんの主張を混ぜないで下さいね。

「ええ、ええ、しっかり伝えますとも。」

最後まで人を馬鹿にしたような口調で話が終わりました。
こんな人がお客様相談窓口の責任者。この企業はどうかしてると思います。
私の勝手な想像ですが、
片山さんはクレーム担当みたいな方で、話が大きくならないように(上に迷惑がかからない様に)、ここで話が終わる様に、止める役目があるのかなと感じました。
そして今までこうやってうまく切り抜けてきてこられたのかもしれないとも感じました。
相手を折れさせるために訓練を積まれてるような印象を受けました。
最初、タヌキが床に叩きつけられている事をなかった事にしようとしていますが、思い込み、勘違いという事にさせるために誘導させるような態度も見られました。
毛皮の事知って間もない情報量が浅い方とか、殺害部分にのみ残酷さを感じているような方だとかはこの時点でうまく丸めこまれてしまう(折れてしまう)のかも。
私がもし「毛皮の実態知って可哀想」だけで電話していたら、途中で負けていたと思います(勝ち負けの問題ではないですが^^;)

と言っても勝手な想像で決めつけはよくないですので、
片山さんとお話してみたい方は電話をどうぞ♪
(あ、片山さんが出るとは限りませんが。責任者の方をと言えばいいかと思います。)
Phone (029)858-0321(代)
どんなパターンの反応を示されるのか気になりますね。

あと今回だけでなくいつも思うのが、権限のある上と言われる人達に直接声を届けないと話が中々進まないということ。
間接的に伝えても間で止まってしまう事が多々。
お店の店員にチラシを渡して意見しても会社に言って下さいと言われる。
店員が毛皮の実態を知って毛皮を売りたくないと思っても現場には反映されない。
店員に知って貰えただけでもメリットだし可能性は広がるからそれも必要だけど、もどかしい。
メールとかだったらなおさら。多くがスルー。
メールもしとくにこした事はないけど声を届けたいなら断然電話。
今回こんなやりとりでも意見(向こうは意見ではないと思うが)をぶつけ合えて良かったと思う。
またそこから学べるし新しい道が見えることもある。
伝えるばっかりで相手の反応が見えない、一方通行な事ほど悲しいことはない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。