苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫カフェ展示規制についての「パブリックコメント」5月7日必着 

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等の概要について、平成24年4月23日(月)から平成24年5月7日(月)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。

現在、猫カフェに対するパブリックコメントが募集されていますが、意見する前に猫カフェがどんな所か知らない方も多いみたいです。
私もほとんど知りません。
行った事もないし、行きたいと思った事もない。
ひとまずこちらを読んでみました。
猫カフェの深夜規制は必要か?"猫のストレス"めぐってすれ違う環境省と経営者の言い分

そもそも猫カフェは人間が癒される為に存在してるみたいですね。
そこからまずどうなんだろと思ってしまいますが、、
もし猫を受け入れたいけど猫の事を知らない人達が、その前に猫たちの命を知り安易に飼うことを防げる機会になる場所であったり、里親募集をしているような場所であるなら、まだ許せる感じがします。
人間が癒されるためではなく、動物の売買に繋げる様な場所ではなく、命の犠牲を減らす事を目的に行っている猫カフェは存在するのでしょうか?
パブコメ、、どういう状態が猫たちにとって良いのでしょう。
詳しい方の意見を聞いて参考にしたいと情報チェックしてましたが、猫カフェ経営者の意見ばかりが目につきました。
猫カフェにいる猫たちは接客業をしているようなもの。
どれだけ自由っぽい状態でも労働時間が長いのはどうなんでしょう。
人間と同じ様に甘えるのが好きな猫も構われるのが嫌いな猫もいるでしょう。
猫それぞれ。ストレスの感じ方もそれぞれでしょう。
私はひと目にさらされている状態にストレスを感じるので、私が猫ならとっとと営業を終わらせてくれと思います。
夜行性だとか言われていますが、明るい店内で接客業させる不自然な環境で夜行性だからと主張するのはそもそもおかしいのでは。
猫カフェという複雑な世界にいる猫たちに、規則正しい体内時計を作ってあげるという意味でも展示規制は必要だと思います。

尊敬している空さんが意見例を出して下さっていたので私はこちらを参考に自分の意見を出したいと思います。

~以下空さんより転載です~

★ネコカフェの規制の緩和に反対するパブコメを書いてみました


2012-04-28 11:54:01
テーマ:動物愛護法
ネコカフェの規制を緩和しようとする反動物愛護的規制緩和が実行されようとしています。

拡散希望・・連休中にこそっと猫の販売・ネコカフェを除外するよう画策する環境省・・http://bit.ly/JzrjJm 猫の販売・ネコカフェという動物利用を止めさせるために反対のパブコメを送り、この姑息な手段を返り討ちにしましょう。

意見募集要領[PDF 76KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19774&hou_id=15139

動物愛護管理法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等
(概要)[PDF 65KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19775&hou_id=15139

意見提出が30日未満の場合のその理由[PDF 46KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19776&hou_id=15139

連絡先
環境省自然環境局総務課
動物愛護管理室
代表   :03-3581-3351
室長   :西山理行(内線6484)
課長補佐:杉井威夫(内線6407)
担当   :岸 秀蔵 (内線6406)


【意見募集要領】

1.意見募集対象
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)(別添資料)

2.募集期間
平成24 年4 月23 日(月)~平成24 年5 月7 日(月)必着

3.意見の提出方法
意見は下記の様式により、次に掲げるいずれかの方法により提出してください。
電話での受付はできませんので予めご了承願います。
○電子メールの場合
アドレス aigo-seirei04@env.go.jp
○郵送の場合
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て
○FAX の場合
FAX 番号03-3581-3576
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て

[意見提出用紙]の様式
「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見
○意見提出者名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名):
○住所:〒
○連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
○意見:


******************************************************************


「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見

意見:
 夜行性の動物であるネコに関しては、夜間の営業だけを認めるべきであり、それができない場合は、従来の規制の通り、午後8時までの営業とするべきであり、以下の理由により厳しく規制するべきである。


理由:
 この経過措置の対象は、いわゆる「ネコカフェ」と呼ばれる、猫を置いた飲食店等のことであると思われる。新聞記事等によると「ネコは夜行性であるので夜の営業は問題ない」との主張である。そしてネコが自由に動けるのでストレスが軽減されとの主張でもある。

 しかし、自由に動けるだけならば夜間の営業を延長する理由にならない。なぜなら自由に動ける事は昼間であれ夜間であれ同じ事であるからだ。つまり、夜間に延長しても良いとする理由はネコが夜行性であるからだと言うネコの習性による理由のためである。

 したがって、夜行性動物であるネコだからネコにストレスがかからないために夜間に展示しても良いとするならば、夜行性であるために昼間の営業はネコにストレスがかかるので昼間の営業は差し控えるべきだと言う事になる。

 したがって、夜行性の動物であるネコに関しては、夜間の営業だけを認めるべきだと言う事になる。だから、夜間だけの営業を許可するべきである。つまりこの規制による夜間は午後8時以降であるから午後8時からの営業時間とするべきである。それ以前は夜間でないためにこれを認める事はできない。

  もし、夜行性であるという理由が適切でないならば、つまり、夜間からの営業ができないのであれば、従来の規制の通り、午後8時までの営業とするべきである。理由はネコが自由に動けるだけならば、昼夜は関係ないからである。
 
 さらにこういった形態の店では、飲食物を提供するために、人畜共通感染症の危険も伴い、飲食物の提供を止めさせるべきだと思われる。

 そして、こういった営業を基本とする多頭飼育の問題は、現在のネコの殺処分、および動物管理センターや保健所等からの成ネコの譲渡状況が著しく少ない事を考慮しても、業者が破綻したときにネコが殺処分されずに譲渡されるということが担保されているものではない。したがって、大量に殺処分されるネコを増やす可能性があるために、こういった多頭飼育は厳しく規制するべきである。

~転載終了~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。