苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【解決】大至急署名&拡散希望「壁に埋め込まれた犬」 

【4/24追記】

犯人が逮捕され犬たちも救出されたようです!!良かった。。。
逮捕覚悟で助けてくださった方達に感謝。

Građani provalili u kuću Senke Šarić

犯人のSenka Saric
sara.jpg

以下ツイッターより
「男性二人が押し入って犬を救出。その際腕と目の上を噛まれた模様。犬は人慣れしていないうえに怯えており、室内はありえないほど悲惨な状態で臭気もひどく、じきに警察が家宅捜査して他の犬も救出する予定とか。http://bit.ly/I59TqJ」
「警察は犯人逮捕(『平凡な若い男が逮捕』とは突入した男性-家宅侵入罪-のことでした)、現在までに6匹の犬を救出、まだ他にもいる模様。明朝、家全体をさらに捜索予定:よかった…RT、署名して下さった皆様、ありがとうございました! http://www.radiosarajevo.ba/novost/79647/」
「昨日の拙者が喚いていた猟奇的な壁犬騒動の顛末★サラエボの犬虐待情報。 専科はSaric逮捕。6匹の犬を救出。犬はもっといるらしい。明日家の検査の令状発行。 http://twitpic.com/9d866p」
「サラエボの犬虐待の件、壁に埋め込まれていたのではなく、 (勘違いしてごめんなさい!) 家の持ち主の女性が犬たちを閉じ込め20頭余を殺害してい とのこと。 女性は逮捕され、 犬たち救助されているようです。 最初の犬が救助された動画。 http://youtu.be/EfCU0z2T4Co」

殺害されたワンちゃんたち、、辛かったね、、痛かったね、、ごめんね。。
こういった事件をきっかけに動物虐待に関心を持ってくれる人がどんどん増えますように。

「ブラボー!!!」泣




【更に下の方に救出追記情報あり】
【下の方に追記情報あり】


先程見つけたツイート。即効で署名とメールしました。

「署名しました。首だけ出して壁に埋め込まれてます!RT @hanamama36: RT @moiramure77: 大至急拡散希望、 自宅の壁に複数の犬を閉じ込めてレスキューも拒んでいる。悔しいけれど署名拡散しかできません。ドイツ語です。 http://deutschlandsagtnein.com/?p=1680」
「クロアチア・サラエボ市長メールアドレス grad@sarajevo.ba 日本語でメールを送ったほうが驚くかも?との情報です。」


ワンちゃんが壁に埋め込まれて大変な事になってます(>_<)
ドイツ語だしなんでこんな事になっているのか状況は良く解りませんが大至急助けが必要なのは明らかです。
大至急署名&拡散希望!!!

↓署名ページ↓
http://deutschlandsagtnein.com/?p=1680This
(左下のVomameにローマ字で名前。Nachnameに名字。その下にメールアドレスを入力してUnterschreibenを押せば完了です。 )


sara1.jpg
sara2.jpg

EINGEMAUERT in einem Haus in Sarajevo !!!
Mehrere Hunde können nicht befreit werden, weil sich die Stadt, das VET Amt, die Polizei und der Besitzer des Hauses weigern.



Helft uns dabei den Tieren so schnell wie möglich zu helfen!!!



Unterschreibt den Protest an die Redaktion der Zeitung vor Ort AVAZ und an die Amts Vet Inspektorin!!


【追記】
~こちらの署名情報発信者さまからの新情報を転載~
ユーゴスラビアでの犬のレスキューについて

昨夜のツイッターでのお願いの続きです。すいません 昨日は場所をサラエボとお知らせしています】
【日本人の仲間へ】Senka Saricが犬を屠殺しているといわれるウィークエンドハウスは、在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本大使公邸の近くにあり、大使公邸に近すぎるので、そのウィークエンドハウスの写真を撮ることが禁じられているのです。私は彼女に日本大使に手紙を書き、彼の住居の近くに何が起こっているのかを説明するように勧めました。でも彼女は大使が協力してくれるとは思えないと言いました。なぜなら活動家達が以前ウィークエンドハウスの写真を撮りに行った時、ガードマンが彼らを警察に通報し、彼らは刑事責任に問われてしまいました。ここで私たち日本人の仲間が彼らをサポートできるとすれば、やはり在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本大使に対してメールを出すことと言えるでしょう。こちらはメアドになります。ご協力していただけますでしょうか? japanbih@bih.net.ba 


大使に要請したい内容は、大使公邸の近くにあるSenka Saricという女性のウィークエンドハウスにおいて何が起こっているかを地元当局に調査依頼していただきたい、そしてそこでの犬達の福祉について市民としての懸念を表現していただきたいということです。

メールのサンプル文を以下に書いてみますので、このままコピペでもいいですし、またはご自分の文章でも・・・・。

アドレスは japanbih@bih.net.ba です。

**************************************************************

在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使殿

拝啓

大使のご公邸のすぐ近くのウィークエンドハウスにおいて、大量に犬を虐殺したり壁に塗り込め餓死させたりしている異常な女性が存在する事を知り非常に懸念を抱いております。
女性の名前はSenka Saric、住所はHotonj 10です。
関係者の話によれば、その家は大使公邸に近過ぎるので写真を撮ることすらも禁じられているということです。
以前愛護家の人たちがウィークエンドハウスの写真を撮りに行った時、ガードマンが彼らを警察に通報し、彼らは刑事責任に問われてしまった事実がある事も耳にいたしております。
そこで、大使ご自身がご近所のその場所でいったいどのような事が行なわれているかを地元当局に対してご要請していただく事はできないものでしょうか。また、そこでの犬達の福祉について市民としての懸念を表現していただきたくことはできないものでしょうか。
なお、ご参考用にウェブで見つけましたリンクをここに添付させていただきます。
http://www.tierarztblog.com/2012/04/22/horrorhaus-sarajevo/

ご多忙の折り、まことに恐縮に存じますが、なにとぞよろしくご協力のほどお願いを申しあげます。

敬具

(あなたのお名前)

出来るだけ沢山の方がメールを早急に送る事が大事だと思います。
どうぞよろしくお願いします。

転載歓迎


4/24 02:00【またまた追記】
昨日私が見た時は5000程だった署名が11800に☆
世界中で情報が流れたのでしょうね。
ネットの力って改めて凄いと思う。拡散協力して頂いた皆様本当にありがとうございました。
そして嬉しい情報☆動物愛護団体によって犬たちが救出されるかもしれないとの事☆
またこれは別からの情報ですが、あのワンちゃんは壁に埋め込まれていた訳ではなく、穴から餌を食べようとしている画像だとか。
どちらにしても早く救出してあげてほしい。

ボスニアでの犬のレスキューについて 2


現地の動物愛護組織「Avlijaner」のリーダー、アドナンSmailbegovic氏が上のグーグル翻訳記事内で表明していることによれば、獣医検査官たちが明日Senkaから犬達を取り上げるための正式な令状を持ってシェルター「Praka」の職員達と共に再び現場を訪れると言っている。警察や検察官はだらだら行動し、プロフェッショナリズムなし... ここで動物虐待問題となると典型的である。
Leader of the local animal protection organisation "Avlijaner" Mr. Adnan Smailbegovic has stated in the article that I posted with google translation that veterinary inspectors will come again tomorrow morning along with workers from dog shelter Praca and official order to take away dogs from Senka. Police and public prosecutor have acted casually and were unprofessional...which is typical when it comes to animal abuse here.


計画では、一時的にここに犬を置くことになっています。
http://www.youtube.com/watch?v=coy2fNA4u4c
それ以降は可能であれば、プライベートのドッグホテル(1ヶ月75ユーロ)。私個人としてはそのシェルターには満足ではないが、建物は新しいが、犬達の保管スペース内に排水溝がないので衛生上適切ではありません。私の家族は38匹の犬の里親しているので個人的な経験から知っているのですが、もみ殻/おがくずで覆われたコンクリートの床は犬のために良くなく、そのシェルターはそれを使っています。糞は簡単に収集できますが、尿をどうするのか。:/ 一般的に人間が居られないようなところには犬も置くべきではないという事です。
The plan is to temporarily put dogs here:
http://www.youtube.com/watch?v=coy2fNA4u4c
and later if possible in private Dog Hotel (1 month 75 Euros)
I am personally not happy with the dog shelter, its a new building but I think that its not appropriate for keeping dogs or any animals since it does not have sewage system inside the space where dogs abide and its hard to do sanitation of the spaces where the dogs are to be kept. My family provides foster care for 38 dogs and I know from personal experience that concrete floor covered with sawdust/chaff is not good for keeping dogs and that's what they have in the shelter. They will collect poop easily but what will they do with the pee? :/ Generally if you would not keep people there you should not keep dogs either...

Pale, Prača-Otvoren Azil za napuštene životinje s područja Kantona Sarajevo, inserti 00:27
www.youtube.com

‎Fedin Gunic: それでも私の自治体にある「アシュラム」と呼ばれる犬収容所に比べればましです。http://www.youtube.com/watch?v=Z-SifKD2eQg
そこでは犬は高電圧のスタンガン(気絶させる銃)で毎月50-80頭の犬達が殺されています。(※以降もう体力・時間・精神力の限界に来たので省略させていただきました。すみません。)
Its better than dog pound AKA "Asylum" in my municipality...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。