FC2ブログ

苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

「犬28匹衰弱死で男に罰金30万円」「猫を殺していて、対象が女の子に変わった」 

こんなに犬たちを苦しめて殺したのに、たった罰金30万で済まされてしまう日本。
こんな事だから、罪の意識を感じずいつまでも動物たちがお金の為に利用され続ける世の中になってしまうのでは。

イタリアの動物保護法を見習って欲しい。
544-2条 (動物の殺害)
残酷さゆえに、又は必要性無くして、動物の死を引き起こしたすべての者は3ヶ月~18ヶ月の懲役刑に処せられる。


犬28匹放置し死なせた疑い ブリーダーの男を書類送検 2011/06/21 17:54 【共同通信】

福岡県警宗像署は21日、飼育していた犬28匹の世話をせずに死なせたとして、動物愛護法違反の疑いで、同県春日市の元動物販売業の男(61)を書類送検した。
容疑を認め「犬が売れず、金に困っていた」と供述しているという。
送検容疑は、2010年11月23日ごろから12月21日までの間、同県宗像市の施設で飼育していた犬に餌をやったり、施設の管理をしたりせず、衰弱や飢えで死なせる虐待をした疑い。
宗像署によると、10年12月に、別の飼育施設のブリーダーが保健所に通報して発覚。男の施設ではチワワやマルチーズなど38匹が死んでいるのが見つかっていた。

↓↓↓

動物愛護法違反:犬28匹衰弱死で男に罰金30万円 宗像簡裁、略式命令 /福岡

10年12月に宗像市で犬28匹を衰弱死させた事件で、宗像区検は16日、動物愛護法違反容疑で書類送検されていた春日市の派遣社員の男(62)を同法違反罪で宗像簡裁に略式起訴した、と発表した。同簡裁は男に罰金30万円の略式命令を言い渡した。

起訴状によると、男は宗像市で動物販売業をしていた10年11月23日ごろから約1カ月間、犬舎で飼育していた犬に餌を与えず、28匹を衰弱死させた、としている。

略式起訴は昨年10月7日付、略式命令は同月14日付。男が略式命令を受け取ったのを確認して同区検が発表した。
〔福岡都市圏版〕


「猫を殺して…対象が女の子に」連続通り魔の少年(01/16 17:25)

動物虐待を絶対に見逃してはいけない事を示してくれた事件。
この事件の存在が、動物虐待に目を光らせる社会へ導いてくれると信じたい。

「猫を殺していて、対象が女の子に変わった」と供述しています。
無職の17歳の少年は、埼玉県三郷市で、バイクなどに火をつけたとして再逮捕されました。少年は埼玉、千葉の連続通り魔事件で、女子中学生らに対する殺人未遂の疑いなどで逮捕されていました。少年の自宅の庭からは猫の死骸2体が見つかっていて、少年は「動物虐待の動画を見て遊びのつもりで猫を殺していて、対象が女の子に変わった」と供述しています。また、殺傷能力の高いナイフなど刃物71本が押収されていて、警察は、所持が禁じられているナイフを買い与えたとして少年の父親を書類送検しました。
スポンサーサイト