FC2ブログ

苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

100匹以上の犬が学生によって虐殺されました ウクライナ※署名にご協力を! 

【転載・拡散ご自由にどうぞ】


ウクライナで学生が100匹以上の犬を虐殺しその方法をネット公開するという残酷極まりない事件が起こっています。

ネット署名にご協力お願い致します!!


署名ページ→ http://bit.ly/utqypT



(以下翻訳サイトにかけた、だいたいの内容です。表現が事実と違っている部分があるかもしれませんのでご了承下さいませ。)


ウクライナの19歳の学生 Alexey Vedulaは、
2011年10月の始めからインターネットに恐ろしいビデオを公表し始めました。
彼のビデオには、Alexey Vedulaが、非常に残酷な方法で犬と子犬を殺す様々な方法が写し出されていました。
Alexeyは鉄道の上に子犬を投げて、列車が子犬を轢く所を見ていた。
この男は、彼らの尻尾と前足を切断し、その腹を取り除き、彼らの目を引き抜きました。
このビデオは彼の友人の助けを借りて、非常にシニカルコメントと笑いながら撮影されました。
AlexeyはVkontakteのサイトにこれらのビデオを公表した。
そこで彼は動物を殺す新しい方法を議論し、次々と犬を犠牲にしそれらを試みました。
彼は100匹以上の犬を殺しました。
ウクライナの法律や当局は無関心で、Alexeyはいま自由な状態です。
ウクライナの法律によれば、彼の行動に対する最も厳しい罰は少しの罰金または3年間の懲役です。
これでは不十分である。

この男は病気です。私たちは彼がこの行為を止めないだろうと確信しています。
彼は抵抗できない小さな命を殺し苦しめる事に喜びを見つけた。
最終的に彼は子供を殺し始めるでしょう。
私たちはALEXEY VEDULAが社会から分離され、精神病院に入れられることを望みます!



さっち~のブログ







小さな命を殺す事が当たり前の国では子供を殺す社会が生まれて当然。

日本はそんな国です。


「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。」マハトマガンジー

未来の子供達の為にもどうかパブリックコメントにご協力お願い致しますm(__)m

12月7日まで。5年に1度しかないチャンスです。

【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
スポンサーサイト



Comment

Add your comment