FC2ブログ

苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

至急。米軍の残酷な猿の動物実験と毒殺を止めさせるためにネット署名を送信してください。 

NPO個人 ケイ&リル この世界のために より以下転載です~


「至急。米軍の残酷な猿の動物実験と毒殺を止めさせるためにネット署名を送信してください。」
$さっち~のブログ


翻訳機能を使ってそのままなので文章はおかしいけどなんとなく分かってもらえると思います。

▼ここから動画と署名ページのリンクにいけます。
赤色の「TAKE ACTION」のバナーをクリックしたら署名ページが開きます。
ローマ字で名前とメールアドレスを入力するだけの簡単なものです。
右側のSend Messageをクリックで送信。↓↓↓
http://www.pcrm.org/email/aberdeen_video2.html

Tell the Army to Stop Its Cruel Use of Monkeys

http://youtu.be/Uf5AyDMwjB4

2011/9/9
米軍は来週メリーランド州の化学兵器のトレーニングコースの中でサルたちを毒殺するために準備を進めている、と手遅れになる前に、我々は、この残酷な練習を停止するにはあなたの助けが必要です。先週、我々は議会に連絡することを要請したが、今、私たちは米軍に直接我々の努力を取り、今日のこの残酷で不必要な訓練を停止するには、その指導者に指示しています。

化学の死傷者のトレーニングセッションでは、ベルベットモンキーは、神経剤の攻撃の症状を作り出すフィゾスチグミンの有毒な過量で注入されています。サルは、嘔吐物、かすがなくなる、呼吸停止、そして研修生が見ながら、激しくつかむ。

攻撃の影響を悪化させる可能性麻酔下で、サルは、アラームの呼び出しを行う、あるいはそれらが苦痛になっていることを示すことができない。これらのサルが運動中と後の両方に苦しむことはなく、医療記録と情報公開法を通じてPCRMによって得られる映像は、show。

警告:このビデオは強烈な動物の苦しみを描いたと見するのが難しい場合があります。
http://www.pcrm.org/email/aberdeen_video2.html

この訓練のためのサルの使用は、残酷な、臨床的に無関係ですが、陸軍が使用可能、効果的な人間のベースのトレーニング方法で動物を交換することを拒否。このコース- 20サルが今月末までに、メリーランド州のアバディーン試験場に配信されるためにさらに悪いことに、陸軍はより多くの猿を命じた。
これは、このプロトコルの有用性を再評価するために軍を促す理想的な時間です​​。
呼び出すと、電子メール陸軍医療の指導者、今日と来週の前にこの演習ではサルの使用を停止するように教えてください。この緊急の問題に関するご協力ありがとうございました。
誠実に、


The U.S. Army is gearing up to poison monkeys in a chemical warfare training course in Maryland next week, and we need your help to stop this cruel exercise before it is too late. Last week, we asked you to contact Congress, but now we are taking our efforts directly to the U.S. Army and telling its leaders to stop this cruel and unnecessary training today.

In the chemical casualty training session, vervet monkeys are injected with a toxic overdose of physostigmine that produces symptoms of a nerve agent attack. Monkeys stop breathing, vomit, defecate, and seize violently while trainees watch.

Under anesthesia that can worsen the effects of the attack, monkeys are unable to make alarm calls or otherwise indicate that they are in pain. But medical records and a video obtained by PCRM through the Freedom of Information Act show that these monkeys suffer both during and after the exercise.

WARNING: This video portrays intense animal suffering and can be difficult to watch.

The use of monkeys for this training is cruel and clinically irrelevant, but the Army refuses to replace animals with available, effective human-based training methods. Even worse, the Army has ordered more monkeys for this course―20 monkeys will be delivered to Aberdeen Proving Ground in Maryland by the end of the month. This is an ideal time to urge the Army to re-evaluate the utility of this protocol.

Please call and e-mail Army medical leaders today and tell them to halt the use of monkeys in this exercise before next week.

Thank you for your support on this urgent matter.

Sincerely,

~転載終了~

スポンサーサイト



Comment

Add your comment