苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散】動物愛護法改正中央審議会委員に関して交代を望む署名運動 

【転載拡散大歓迎しっぽフリフリご自由にどうぞ】

さっち~のブログ

動物愛護管理法改正に関わる重要な審議員達は多くのペット業界関係者で構成されています。

命を物としか見ない人間達が法まで操れる立場にいるのです。

命の審議に、お金の審議をするペット業界の人間は一切必要ありません!!!

業界委員の息の根を止めなければ、動物達は商品として利用され続けます。

いったいどれだけの命が犠牲になっていったのでしょうか。

こんな事を放置しておく為にはいきません!!

そんな醜い業界委員達の改選を求める署名が先日署名TVで起こされましたが、内容不備により急遽中止になりました。

その時の記事→http://ameblo.jp/amour918/entry-10973521560.html


企画者様は変わりましたが有志の皆様が集まり再度署名を起こされました!!!

目標20,000人!!!

どうか1人でも多くの署名のご協力をお願い致します。


さっち~のブログ


動物愛護法改正中央審議会委員に関して交代を望む署名運動


↓パソコンの方はこちら↓(コメントできます。署名後、登録アドレスに確認メールが届きますのでそちらにあるURLをクリックして終了です。)

http://www.shomei.tv/project-1814.html


↓携帯の方はこちら↓(コメントできません。簡単入力で済みます。)

http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1814


☆携帯URLは友達や周りに一括送信してどんどん広めましょう☆



企画者フワモコ様のブログはこちら です。

~以下署名ページより転載~



企画者: フワモコ
提出先: 環境省・中央環境審議会動物愛護部会
開始日: 2011年08月18日


現在、環境省が5年に一度、改正を呼びかけパブリックコメントを国民に募集して居ます、それを審議する委員たちの選出に疑問上がり、委員の交代を求める署名運動を立ち上げました。


環境省が取り扱う、「動物愛護法」とは本来動物の為の愛護に関する事柄を公平な立場の人間が、物言えぬ動物を守る為に定められる法律であるべきです。


業界人を選任する事は業界を守る事に繋がるだけで、本来の動物愛護に関しては相反する結果に成るのでは無いかと考えました。


委員の解散を要求し、新たに公平な立場から動物の愛護を語る資格がある委員の再選をお願いしたいと思います。


【署名プロジェクトの詳細】
↓改選して欲しい、現在の中央審議会委員
  
東京大学大学院農学生命科学研究科教授 
一橋大学大学院法学研究科教授
宮城県副知事
(社)日本愛玩動物協会理事 
全国ペット小売業協会副会長
東京都福祉保健局食品医薬品安全担当部長
(社)日本獣医師会副会長
優良家庭犬普及協会専務理事
茨城県自然博物館館長
(社)ジャパンケネルクラブ理事長
(社)日本動物福祉協会理事
学校法人ヤマザキ学園理事長


↓詳しい内容は「殺処分を無くして皆で幸せになろう!」さんでご覧ください・
http://blogs.yahoo.co.jp/knd_pev77/65048330.html


「環境省・中央環境審議会動物愛護部会 - ワンステップフェスティバルを 」.
さんより中央審議会委員に付いての記事を参考抜粋させて頂きました。..


「一般社団法人 全国ペット協会」
これは動愛法が動物取扱業の規制を盛り込んだことに対抗する形で組織された、ペット業界のいわゆる利益団体です。


「ジャパンケネルクラブ」
全犬種団体としての一面の他、動物販売業にも深く関わっている団体で、現理事長は農林水産省生産局畜産部長からの天下り(“畜犬”は家畜同様に農水省の管轄です)。副理事長もペット商やブリーダーなどで構成される「●●県ケネル事業協同組合」の現職理事で、自らも犬の繁殖・生体販売を手がける会社の代表取締役。少なくとも現体制のJKCはペット商やブリーダーなどの利益を代表する団体と言えるでしょう。


「公益社団法人 日本愛玩動物協会」。
動物愛護協会・動物福祉協会・動物保護管理協会と並び、環境省管轄“動物愛護4団体”と呼ばれてきた団体ですが、ここの設立母体は「日本鳥獣商組合連合会」という業界団体。今も鳥獣商業界と密接なつながりを持っています。


「優良家庭犬普及協会」
協会専務理事の佐●●●氏はもちろんここを代表して加わっているわけですが、実は「学校法人ヤマザキ学園」理事長の肩書きで加わっている山●薫氏もここの理事。副会長を委員に送り込んでいる「全国ペット協会」の会長もここの顧問ですから、なんと、同一団体関係者が一挙に三人も加わっていることになります。


「優良家庭犬普及協会」
小泉政権当時の自民党党紀委員長として郵政民営化に反対した党員をバッサバッサと処分してきた森●眞弓・前衆議院議員(元環境庁長官・文部大臣・法務大臣)が会長を務める団体。

その政党人脈でつながるのが、藏●●夫・福岡県議(自民党県議団会長)です。藏内県議は「(社)日本獣医師会副会長」の肩書きで加わっていますが、特定政党の元議員が会長を務める団体から関係者が三名。

自民党政権下でのぺット業界優遇の人選を許す事は出来ません!
民主党の下、動物愛護法改正を行う前にこのような人選を白紙に戻す必要があります。
もの言えぬ動物たちの為に、皆様方の温かいご協力を伏してお願い致したいとと思います。
なにとぞ、ご署名して頂けますように宜しくお願い申し上げます。


~転載終了~


他にも命の署名あります。まだの方はどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

【署名TV】毛皮廃止実現を目指すオンライン署名

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。