苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうかこの子に笑顔を 

こんな姿になるまで、、、あまりにも酷い状態です。

彼の人生に何があったのでしょうか、、、

長崎 Life of Animal様と出逢えた事が唯一の救いです。

ここからやっと彼の人生が始まる気がします。

どうか、どうか、元気になります様に、皆でパワーを送りましょう。


長崎 Life of Animal 様より以下転載です。


激痩せしている収容犬を病院へテーマ:長崎 Life of Animal

本来は早急に、この事もお伝えしたかったの

ですが、昨日のセンターに収容されてしまった

野良猫ちゃん達の現状を知ってほしく

先に記事にしました。


そして今、またしても

体調面からしても緊急な状態の収容犬が

永田町迷子として入ってきています。

長崎 Life of Animalのブログ

迷子は迷子ですが

首輪の状態、ワンちゃんの状態からして

飼い主さんが見つかる可能性も極めて低い子と思われます。

長崎 Life of Animalのブログ

首輪もボロボロで首輪の止める先には

紐が切れた後が、くっついていました。

長崎 Life of Animalのブログ

床ずれの状態、爪の伸び具合からしても

かなり長い期間繋がれぱなしだったのかも

しれません・・・。

長崎 Life of Animalのブログ

そして何より皮と骨と皮膚の炎症が

酷い状態です。


もう見るのも辛い・・・・。

たまりません・・・。

長崎 Life of Animalのブログ

なんでこんな姿にならなければ

いけないんでしょうか・・・・。

長崎 Life of Animalのブログ

でも彼は一生懸命、おやつを食べ

ボロボロの体で私達に訴えかけ

必死なのが本当に本当に伝わってきます。


あぁ・・・

もうどうすれば良いのか

頭もおかしくなります。


歩君や未来君が救われたかと思っても

次から次に酷な状態な子ばかり・・・・・。


皆さんにお聞きしたい事があります。


やはり線引きをしなければいけませんか?


この子の為にも再び寄付や募金を再び呼び掛けをし

手を差し伸べたい事に関してどう思いますか?


もう自分自身もわかりません・・・。


しかたがない。


これが現実だと割り切れる心の余裕が

今の私達にはないです・・・・。


ほおっておけば、この土日が

この子にとって非常に厳しいのが

はっきりとわかります。


迷子犬として収容されてきたので

どこまでしてあげたら良いのか悩みましたが

どうにかしてでも病院に連れていって

あげたい。


この日いたスタッフ皆で考え悩み

後悔だけはしたくないと決め、病院に

搬送しました。

長崎 Life of Animalのブログ

お腹が、くっつきそうなくらい

ペちゃんこです。

長崎 Life of Animalのブログ

体がとにかく軽いのと皮膚の炎症

今、彼は体の至る所病んでいると思います。

長崎 Life of Animalのブログ

収容犬もストレスマックスな状態なので

他、スタッフは犬舎にいる子達を気分転換

させたりブラッシングしたりお世話に

残りました。


その様子は次の記事に書きます。


まずは彼を早急に病院へ

先生も収容犬の状態の酷さに絶句していました。

長崎 Life of Animalのブログ

ますは体重6・7キロ

この子クラスは10キロ~で普通な状態

なのに、やはり激痩せしています。

長崎 Life of Animalのブログ

皮膚や心臓音などを診てもらい

今のこの子の状態からして緊急性もあり

入院が必要との事で、しばらく預ける事に

しました。

長崎 Life of Animalのブログ

まずは今彼が苦しんでいる原因を

見つかれば・・・。

長崎 Life of Animalのブログ

検査結果は時間がかかるとの事だったので

一旦家に戻り、先生からの結果を待ちました。


検査後、電話があり

様々な病が見つかりました。


フィラリア陽性

心臓まで到達しているそうです。


そして皮膚は重度の疥癬。


栄養不良による貧血


それから最大の病

心臓弁膜症併発しているそうです・・・・。


まず治療として疥癬に関してですが

通常注射による駆除を週1回打つのを

1ヶ月。


症状に応じて2ヶ月、3ヶ月と

治療をするそうです。


ですが彼の場合

フィラリアが心臓まで達しているので

その注射を打てばフィラリアまで死んでしまい

血管や心臓に死骸が詰まってしまうと

死に至るケースがある為、使う事ができません。


なので長期戦となる投薬と皮膚の抗菌で

完治していく方法が1番良いとの事です。


貧血は栄養状態が戻れば

回復するらしいです。


ただ1番の問題が

心臓弁膜症併発です。


これは人間でもある病気の1つですが

心臓の中の血液を送り出す機能が正常では無く

逆流してしまう病気です。


治療は、どうしたら良いのかを先生に詳しく伺うと

手術自体は百万~の世界で、その手術をできる

動物病院も日本に数少ないそうです。


それは無理だ・・・・・。


心臓弁膜症を抑える

薬を生涯飲ませる方法しか、今の出来る治療として

ありません。


もちろん、何を続けていくのも

予算がかかり、治療も難しい問題になりました。


先生とも相談し

まずは疥癬治療をはじめ、体力をつける事から

始めたらとの事だったので、しばらく入院させる

事にします・・・。


今、彼にしてあげれる事は

それしかない・・・。


長期となれば、またしても予算との戦いになるのが

目に見えていますが、今の状態のままセンターに

戻せば、状態も状態なだけに、危険すぎると判断しました。


お心苦しい事ばかりで大変申し訳ありませんが

保護犬も抱え、私達だけの力で継続してくには

どうしても限界があります。


なので収容犬を救えプロジェクトとして募金の呼び掛けを

させて下さい。


今の私達には目の前におかれた現実を

無視できずにいる事をお許し願います。


≪収容犬を救えプロジェクト≫


転載・拡散のご協力お願い致します。


仮名も決まってない収容犬ですが

命を繋ぐ為の、皆様のお力添えを

お願いします。


【ゆうちょ銀行】


 <ゆうちょ銀行から>
    記号番号:17690-22741081
    名義:ナガサキライフオブアニマル


 <他銀行から>
    店名:七六八 
または
 ナナロクハチ
    (店番:768)
    口座番号:2274108
    名義:ナガサキライフオブアニマル


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。