苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40発の弾を頭に撃たれて生き埋めにされた犬が奇跡の生還 

今の日本政府も鬼畜だ。


40発の弾を頭に撃たれて生き埋めにされた犬が奇跡の生還.(ロケットニュース24)


さっち~のブログ

以前、安楽死した犬が生き返ったというニュースをお伝えしたが、今回はもっと悲惨な事件を生き延びた犬の物語をお届けしたい。なんとその犬、頭部に40発もの空気銃のペレット弾を受けて生き埋めにされたという。

地中海に浮かぶ島国・マルタ共和国では、ひどい動物虐待を受けたにもかかわらず奇跡的に一命をとりとめた野良犬のニュースに沸いている。


地元紙が伝えたところによると、ビルゼブジャ市街を調査していた警察官が犬の鳴き声を聞き付けて辺りを捜索したところ、鼻先まで土に埋められた犬が発見された。

口元と脚は縛られ、頭部の複数の部分に銃弾の跡が……。生き埋めにされた体の上には板が敷かれており、さらにその上には木の幹が置かれていたという。救出された雑種のメスは「スター」と名付けられた。緊急手術が施され、頭蓋骨からは40発以上のペレット弾が取り除かれたそうだ。

動物虐待の罰則が最高1年の禁固刑のマルタ共和国では、あまりにむごい今回の事件に動物虐待法の見直しを求める声があがっている。犯人は捕まっておらず、地元動物愛護局は目撃証言などを調査中だ。

インターネットコミュニケーションサービスFaceBook(フェイスブック)では、犯人逮捕に繋がる情報を募ったり、スターの治療費のための寄付を呼びかけるページが複数作成されている。回復した暁には、ぜひスターを飼いたいという人も多数いるとのこと。

自分より弱い動物を痛めつけて命をもてあそぶなど、まさに鬼畜の所業である。犯人逮捕を願うとともに、このような痛ましい事件が二度と起こらないよう祈りたい。

参照元:DailyNews.com(英文)

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。