FC2ブログ

苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

想いの集結 

今日のデモは600人程の大規模なものになったと聞いて職場でウルウル。
かなり心に迫るものがあった。
今まで動物達の為にここまで人が集まった事ないのでは。
動物達を想い1歩踏み出せる人達が増えている事を実感。
色んな方面から動物たちへの想いが集結している今のこの現実に、少し願いが叶った様で悲し涙と嬉し涙が同時に出てしまった。
終わりの見えない悲しい現実に希望が見える。
今回の震災がきっかけとなり、動物を身近に感じている日本中の人達は彼らがどうなるのか心配し深く知ろうとした。
彼らの置かれている過酷な状況を知り悲しみ傷つき怒り彼らを救いたいとそれぞれの知恵を合わせ自らの意思で行動に移した。
ただ単に動物が好き♪と言うだけの人も、
ここまでの犠牲を目の当りにしてようやく心に火が点いた人も多いと思う。
やはり知れば心は動く。それが自然な姿。
ある意味ここまでの犠牲がなかったら、愚かな国の実態を知る事がなかったら、
人々はいつまでも無関心なままだったかもしれない。
(それでも無関心な人達がまだまだ溢れる程居る事に愕然とするが。。。)
いまこのタイミングで起きているという事には必ず意味があると思う。
とてもとても悲しくて辛くて悔しい出来事だけど、そういう意味ではあえて示されたメッセージ。
犠牲は気付きの為にあるのだとさえ思う。
ドイツが殺処分ゼロというあそこまでの動物愛護先進国になったのもそういう背景があるからかもしれない。
今回の福島の動物たちの悲劇はなるべくしてなってる。
動物を守れない国を見過ごしていた、声を上げてこなかった皆で作ってしまった現実。
それを徹底的に見せつけられた。
あの世に旅立っていった不幸な動物たちの命を絶対絶対…無駄(なかった事)にする訳にはいかない。
それは福島の動物達だけではない。
殺処分される命、毛皮を剥がされる命、食べられる命、実験台にされる命、、、、、
沢山の命が虐待を受けあまりにも残酷な方法で殺されている。
動物達の世界は365日が人災。
原発もそう。この世は知ろうとしないと見えてこない残酷な真実で溢れている。
もうこんな悲劇を2度と起こさない様にするのが犠牲になっていった命に対しての償い。
そして動物達を真に守れる国づくりを目指すとても大きなチャンス。
しかも今年は5年に1度の動物愛護法改正の重要な年!すべてが繋がっている!

動物愛護法改正のための署名にご協力ください」地球生物会議ALIVE

この想いの集結は、この経験は、思い描く未来への大きなきっかけになったと思う。
本当の笑顔が溢れる未来を残す為に沢山の種を蒔いていきたい。





デモに参加された皆様本当にお疲れ様&ありがとうございました!!!
スポンサーサイト



Comment

Add your comment