FC2ブログ

苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

【拡散願います 原子力安全・保安院へのメールをお願い致します】 

沢山の方が届けている命の声に泣けてくる。。。

動物達の変わり果てた姿に心がズタズタに切り裂かれる。。。


~以下猫人様より転載させて頂きます~



「犬猫救済の輪」さまよりの転載記事です

力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!


転載歓迎 拡散希望!!

大至急、ご協力をお願いします.

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする
以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)



原子力安全・保安院へのメールはこちらから矢印


こちらから


(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続

徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。

経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、

この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、

要求を行うことはありません。

圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。

動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、

引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。

2)飼い主自身によるペット救出

ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。

遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。



支援物資につきまして

沢山の支援物資が届きまして、次回レスキュー時の持参分は十分な量が集まりました。
保管場所がないたため一時ストップいたします。
またレスキュー時には足りないものがありましたら記載させて頂きますので長くにご協力をお願いできましたら幸いに存じます。

受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


支援金のご協力を宜しくお願い申し上げます。
保護される犬猫は生死も危ぶまれる状態です。医療費のご協力をお願い申し上げます。
振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388

郵便振替は、通信欄に使途目的(例ー被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(ヒサイ)とご記入下さい。

------------------------------------------------------------------------

↑ここまで結代表のブログより↑





私は、福島の飼い主さんと『一緒に助けましょう』と約束しました。

ですので、私は夕方から出発します。

もう、こうなったら1頭でも多くしかありません。

私が約束をした方のお宅へ・・・

一足先に入られたまたたびさんが捕獲器を掛けて下さいました。



犬猫、牛豚、沢山残されいます。

見殺しでしょうか?



死んだ母牛の傍らから、乳のみ仔の仔牛が離れません。

室内閉じ込めの猫は共食い。

鎖に繋がれたままの犬はミイラです。



犬達も人恋しくて車の後を追いかけて来ます。

残された道は、餓死か?野犬になるか?です。

野犬になったら、殺すのでしょう?


国は全て皆殺しにするのですね?

2~3日で帰れると福島の方達に言ったではないですか?

だから、着のみ着のままで福島の方故郷を離れたのです。



原発は安全だって言って沢山作ったではないですか?

なにが安全なのですか?

何故?国民を騙すのですか?

嘘ばかりだ...



原発が良いと言う偉い方々は・・・

自分がその身を置いて双葉郡に住んでみれば良い・・・


福島はもう戻らないぞ・・・



猫人(^ω^)
息絶えていた豚


猫人(^ω^)
息絶えてしまった犬


猫人(^ω^)
同じく息絶えてしまった犬 ミイラのようでした。


猫人(^ω^)
衰弱しきってしまった豚

もう、自分で出る力もありません・・・


猫人(^ω^)
死んだ母牛から離れない乳のみ仔



猫人(^ω^)
夥しい数の豚の死体・・・

腐ってどろどろになっていました。

余りの惨状と異臭に嘔吐しました。


猫人(^ω^)
息絶えていた仔豚


猫人(^ω^)

溝にはまったまま息絶えていた豚


猫人(^ω^)
タイヤが嵌ってしまい餌も取れない仔牛






猫人(^ω^)
声なき声


猫人(^ω^)
声無き声


猫人(^ω^)
声無き声




猫人(^ω^)

声無き声





あの20km圏内の瓦礫の中には・・

沢山の人間の死体があるんじゃないのか?


いつ出してあげるんだ・・・

死んでも死に切れないぞ・・・国よ・・





国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。

                                

                                  マハトマ・ガンジー





スポンサーサイト



Comment

Add your comment