苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.12.11 #FurFreeAsia 「映像カー付き☆京都毛皮反対デモ行進レポ」 終わらない苦しみ 

2016年12月11日(日)
今日はアジア最大級の毛皮反対イベント!
東京!そして京都で!毛皮反対デモ行進!! 
京都は久々の映像カーを出動させることにした☆
毎回出せたらとは思うけど、
トラックやモニター等レンタルということもあり、映像カーは色々条件が揃わないと出せないのです。
また今は用意がないため、2つのモニターを並べて使っておりますが、本当は1つのでっかいモニターで映し出すのが夢です、笑
もしこの記事を見ておられる方の中に、
「調子ぶっこいて60型以上のTVモニター買ったけど、やっぱデカすぎて今は倉庫にある」
「抽選で当たったけど、デカすぎて使ってない。」とか、笑
「貯金溜まり過ぎてるから大型テレビでも買ってスッキリさせたい。」とか、笑
そんな感じで60型以上のTV余ってる方がおられましたら、
今後の映像カーに活用させていただきますので是非寄付してください、よろしくお願いします、笑
ふざけて話してるように見えるかもですが、マジで求めてますm(__)m

午前11時。アニマルライツ映像準備チーム到着☆
今回はFurFreeAsiaキャンペーンイベントとしてのデモ行進ということもあり、FurFreeAsiaアピールを忘れずに♪
DSCF4377.jpg
映像カー準備は今回で3回目。最初はセッティングするのに5時間ほどかかっていたが、
さすがっすの仲間たち!今回は14時にはほぼ仕上がっていたという成長ぶり!!笑
個人的にはもっとこうすれば良かったな、あれも作っとけばよかったなとか、準備不足を感じ色々反省点があったが、時すでに遅しで次回に生かす事にしよう。
20161211.jpg

今日から急激に温度が下がり超寒くてみな準備中から震えていたが、雨が降ってないことだけでもう大感謝☆
さあまた1歩、毛皮反対行動の歴史を日本列島に刻もう!
DSCF4383.jpg

あと100年後には、私たちはもうこの世にいない。
この世界から動物達の声が消されてしまわないように、足跡を残しておきたい。
DSCF4411.jpg
京都市役所前に到着☆
今日のために用意したキツネ3兄弟♪
FurFreeAsia☆手のキツネは、やっぱキツネがやったほうが華麗で説得力あるかなと思って、笑
DSCF4439.jpg

東京のマネして1枚だけ作ってみた手持ちデカパネルは迫力満点♪
腕力のあるカマキリ兄貴に持ってもらった♪
DSCF4443.jpg

京都市役所前はフリマで盛り上がっており、集合スペースがなく今日は外側で準備することになったのだが、
こっちの方がパネル見て貰えるし好都合だった♪
DSCF4418.jpg
20161211nofur1.jpg

今日は予定より早く準備を終えられたお陰で、チラシ配りする余裕もあったりして♪
DSCF4420.jpg
DSCF4425.jpg
DSCF4428.jpg

パネルを見て、「私も毛皮反対です!」と意思表示をしてくださった皆様の写真も撮れた♪
DSCF4445.jpg

こちらは台湾からの旅行者の皆さま。
写真撮りたそうにしていたが、頭にもコートにもがっつりリアルファーを身につけておられたので、
そんな意識では無理です!!!と、問題について片言ながら熱く話したら、理解してくれたようで♪
着ているものを脱いで、写真撮影に応じてくださった♪
FurFreeAsiaは台湾も参加しているけど、まさか旅行先の日本で毛皮の実態について知るなんてね、笑
FurFreeAsiaキャンペーンやってなかったら伝えられなかったこと。
FurFreeAsiaキャンペーン最高!!!!!
DSCF4452.jpg
DSCF4454.jpg
DSCF4450.jpg
DSCF4455.jpg
DSCF4457.jpg
DSCF4459.jpg

こちらも日本旅行中の方♪もちろん毛皮反対!!という力強いお言葉いただきました!!
DSCF4500.jpg
DSCF4482.jpg

あ!VEGAN妖精パンの西山さん!!
DSCF4489.jpg

「今日は参加出来ないけど、ごめんね~っ」と仕事でたまたまここ通っただけだけと言う事だったけど、笑
声をかけて立ち寄って下さったその気持ちだけでも嬉しかったです(>_<)
つか西山さん、その手はキツネじゃないYO!笑
でもその気持ち解る。
いきなりキツネの手って言われても出来なくてこんな感じになる件、笑
DSCF4491.jpg

参加者の皆さまのFurFree写真も撮りましたが、それは最後に掲載しますね♪
因みにこの写真は散歩中のワンコがキツネを発見して大興奮してる様子、笑
こんなに純粋で美しい子達の毛皮を剥いでる世の中なんてNO!!!!!!!!
20161211c.jpg

出発前。映像カーに釘づけになってる人々。
20161211d.jpg

反対側はこんな感じ。
DSCF4465.jpg

いまこの瞬間、
東京で毛皮にされる動物達のために声をあげ行動している仲間達がいる!!!
香港でも毛皮反対アクションしている仲間達がいる!!!
そんな事を思い出して、まるで動物達の気持ちが私に宿ったかのような気持ちになり、
こぼれそうな涙をこらえて出発しました。
20161211nofur3.jpg
20161211nofur4.jpg

【2016.12.11 京都毛皮反対デモ行進の訴え】
20161211nofur5.jpg
20161211nofur6 (2)

「京都の皆さん、観光にお越しの皆さん、こんにちは!
いま私たちはファッションの犠牲になっている動物達の声を届ける為、リアルファー反対デモ行進を行っています。
まだ毛皮の残酷さをご存じない方は、後ろのトラックで毛皮の作られ方を流していますので是非ご覧になってください。
リアルファーは、コートの襟やフードの端っこ、イヤリングやキーホルダーなどの小物類にも多数使われています!
自分が身につけているファー製品が動物を殺したものだと理解されてない方があまりにも多すぎます!
今日はこの機会にリアルファーについてとことん調べてください。
なくても困らないファッションアイテムのために、動物たちはどうしてこんなに酷い目に遭わなければいけないのでしょうか?
リアルファーを欲しがる消費者が動物たちの苦しみを生みだしています!
今日もリアルファーを身につけている方が沢山いますが、その冷酷極まりないファッションから一刻も早く卒業してください!
そしてもう2度と動物を苦しめるファッションアイテムに手を出さない選択をお願いいたします!
あなたが今つけているリアルファーのために殺された動物達の命はもう戻ってきませんが、
これから命を奪わないという選択をすることはできます。
この日本には無関心にリアルファー製品を購入して動物を殺す消費者が溢れていますが、
日本で毛皮のために消費された動物の犠牲数は年間167万頭にもなります!
毎日約4500頭の命が、この日本でリアルファーを欲しがる消費者によって殺されているのです!
ペット大国である日本では、犬や猫の殺処分に心痛めてる人は多いと思いますが、
犬や猫も毛皮にされて日本に流通していることを皆さんはご存知ですか?
毛皮生産大国の中国!そして毛皮消費大国の日本!
アジアは世界一と言われる毛皮産業が盛んな地域です!
アジアから毛皮反対の声が大きくなることは動物達を救う大きな力になるのです!
ファッション飾りのために動物を殺す血まみれのファッションはなくしていきましょう!」

20161211nofur7.jpg
20161211nofur8.jpg

映像カーに釘づけになった人々は多かったことでしょう。
20161211nofur9.jpg
20161211nofur10.jpg
20161211nofur11.jpg

「あちこちで当たり前のようにリアルファーを見かける毛皮消費大国である日本!
その毛皮製品の多くは世界最大規模の毛皮産業を抱える中国から輸入されていますが、
動物福祉のかけらもない中国での動物達の扱われ方は大変悲惨です!
犬や猫も毛皮にされ日本に流通しています。
日本は毛皮の表示義務がないため、
あなたが身につけているファーはもしかすると犬や猫のファーである可能性もあります!
その残酷な中国の毛皮産業を支えているのは、リアルファー消費大国である日本です!
アジアは世界最大規模の毛皮産業と消費者を抱える大変残酷な地域です。
ファッションの犠牲にされている動物たちの苦しみを終わらせるために、
アジアから毛皮反対の声を大きくする必要があります!
いま私たちは、日本!中国!韓国!台湾!香港の動物を助けたい仲間達と協力して、
大規模な東アジア毛皮反対キャンペーンを行っています!
今日は後ろのトラックで毛皮のために動物達がどんな目に遭っているのか、映像を流しています。
毛皮の残酷さを知った皆さん!是非一緒に声をあげてください!
毛皮の消費大国である日本から、アジアから!毛皮反対の声を大きくしよう!」

20161211nofur12.jpg
20161211nofur14.jpg
あれ!?いつの間にかキツネ増えてる!!笑
と思ったら後から駆けつけてくれたタッキーさんだった件♪
20161211nofur15.jpg

【シュプレヒコール】

「Let's Go!NOFUR!」
「Fur Free Asia!」
「毛皮を売るな!」
「毛皮を買うな!」
「毛皮を着るな!」
「毛皮を飾るな!」
「命を奪う!」
「毛皮やめよう!」
「あなたが買うから!」
「動物苦しむ!」
「命の犠牲のファッションなくそう!」
「命の犠牲にさよなら!バイバイ!」
「毛皮に!」
「冷たい!」
「態度を!」
「毛皮を!」
「買わない!」
「絶対!」
「買わない!」
「命が喜ぶオシャレをしよう!」
「リアルファー反対!」

20161211nofur16.jpg

「あなたが欲しがる!」
「毛皮のために!」
「動物苦しむ!」
「毛皮なくそう!」
「環境壊す!」
「毛皮をなくそう!」
「命に優しい!」
「エコファー選ぼう!」
「動物苦しむファッションなくそう!」
「毛皮を売らないブランド選ぼう!」

20161211nofur17.jpg

毛皮を売らないブランドを応援するファーフリーブランドコールもさせていただきました♪
チャチャチャの手拍子に合わせて以下のブランドを応援しました♪
「H&M」「GAP」「ユニクロ」「無印良品」「ZARA」「スナイデル」「アルマーニ」「HUGO BOSS」「アースミュージック&エコロジー」
「命に優しいブランド選ぼう!」
20161211nofur18.jpg

現実を知って衝撃を受けてる人、
バカにしたような笑みを浮かべてる人、
目の前の動物達の苦しみには全く無関心に友達との会話で盛り上がってる人、
私たちのコールのリズムに合わせて乗ってる人、笑
一緒に声をあげてる人、(バカにしてるのかもしれない可能性も含むが)
毎度反応は色々です。
そんな私たちのデモを気に留めた人たちの中に、毎度気づきを得た人は必ずいると思っています。
20161211nofur19.jpg
それにしても、目の前でこれだけ動物達の苦しみを訴えるデモが通っているというのに、
笑っていられる人の神経は死んでいるとしかいいようがありません。
20161211nofur21.jpg

マルイを始め、動物の苦しみを販売しているアパレル店舗前ではお馴染み「毛皮を売るな!」コールをさせていただきました。
20161211nofur22.jpg

「私たちはいま東アジアの国々と協力してFURFREEASIA毛皮反対キャンペーンを行っています!
命に優しいファッションを心掛けているリアルファーに反対の皆さん!
このキャンペーンに参加してくれませんか?
インターネットで、ファーフリーアジアで検索してください!
毛皮製品の残酷さを知り、毛皮に反対する人は年々増えています。
動物を苦しめたリアルファーを着用している人には冷たい視線が向けられています。
欧米では何千人もの人たちが毛皮反対のデモ行進に参加しています。
ポールマッカートニーを始めとする、沢山の有名人が毛皮を買わないでと訴えています!
アメリカのウエストハリウッドでは毛皮の売買を禁止する条例ができました。
今年はあの世界的トップブランドのアルマーニも毛皮廃止宣言しました。
世界はリアルファーをなくしていくためにどんどん動き出しています。
しかし残念なことに私たちが住むアジアは、世界一の毛皮生産大国!毛皮消費大国にも関わらず
毛皮反対と声をあげる人があまりにも少ない現状があります。
このアジアからリアルファーを求める人がいなくなれば、
苦しみのために生まれてくる動物達の犠牲を大きくなくしていくことができるのです!
もうその見て見ぬふりは止めてもらえませんか?
命を思いやるファッションを!
無関心な態度ではなく、毛皮に冷たい態度を示しましょう!」
20161211nofur23.jpg
20161211nofur24.jpg

「皆さんの中に、動物を殺したリアルファー製品を身につけている方はいませんか?
自分が身につけているファー製品が動物を殺した毛だと解っていない人が多いようです。
その安易な消費行動!意識が、動物達の犠牲を減らせない原因です。
リアルファーはコートのフードの飾りや小物類にも多く使われています。
どうかお買い物の際は、品質表示を確認してください!
動物のファー製品ではないか店員さんに確認しましょう!
もし手に取ったら商品が動物のファー製品なら絶対に買わないでください!
売れなければ販売されない、リアルファーを拒否する姿勢を見せることは、
苦しむために生まれてくる命の犠牲を減らしていく事に繋がります。
リアルファーに反対の意思表示を!
命を苦しめる自分勝手なファッションはもういい加減やめにしてください!
皆さんもファーフリーアジアキャンペーンに参加してください!」

20161211nofur25.jpg
20161211nofur26.jpg
20161211nofur26 (2)

「未だに、動物の苦しみそのものであるリアルファーが、全くお洒落ではないことにまだ気づけない、
気づいていても無視するアパレル企業や消費者がまだまだ存在する事は本当に残念です。
この日本という国は一体命の問題にどれだけ無関心なのでしょうか?
リアルファーで苦しんでるのは動物達だけではありません。
毛皮を販売したり身につけている人達のせいで、精神的苦痛を与えられている人々がいます。
リアルファーを着用している人はそんな人たちの気持ちを考えたことがあるでしょうか?
動物虐待の証であるリアルファー製品を着用することは、
例えば誰かが大切にしていた犬の死体を見せびらかしているのと同じなのです。
この日本には犬や猫の毛皮も流通しています!
リアルファーを平気で身につけることは、動物だけでなく
人間の気持ちも考えれない冷酷極まりない行為であることに気付いてください。
毛皮は公害です!!
そこのあなた!動物の苦しみをまき散らすのはやめてください!」
20161211nofur27.jpg

毛皮をガッツリ身につけていても、現実に向き合う方はいます。
ただこの場限りでその先に行動がなければ人間終了ですがね。
20161211nofur29.jpg

「動物が可哀相と思えなくても、毛皮に反対する理由は他にもあります。
毛皮製品のために苦しんでいるのは動物だけではありません。
皆さんは毛皮製品の存在が環境破壊に繋がっている事をまだご存知ないのですか?
毛皮は動物も人間も自然も全てを傷つけている、一刻も早くなくさなければならない存在なのです。
毛皮を身につけてる方の中に、もし環境保護を意識している方がいるならそれはとても恥ずかしいことです。
何もかも傷つけている毛皮製品の残酷さにいい加減気づいてください!」

20161211nofur30.jpg

「毛皮産業は、動物を殺すだけにとどまりません!
製造過程で毒性の強い薬品を使う毛皮産業は、環境破壊の大きな要因にもなっています!
子供にリアルファー製品を着用させている親をたまに見かけますが、とんでもない話です!
ある調査では子供服についた毛皮製品から発がん性物質も見つかっています。
それだけ毛皮製品には危険な薬品が使われているのです!
毛皮産業が盛んな中国では毛皮産業を最も環境汚染をもたらす業種に指定しています。
動物の命を奪うだけでなく、環境も破壊し人体にも悪影響を与えている毛皮製品は一刻も早くなくすべき存在です!
毛皮が、環境や人体にどのような悪影響を及ぼしているのか皆さんもご自身で調べてみてください。
環境保護の観点からリアルファーを廃止するアパレル企業も出てきています!
いまファッション業界では、動物を殺さなくてすむ、エコファーに注目が集まってきています!
お買い物の際にエコバッグを意識している人は多いと思いますが、
その気持ちがあるなら、毛皮反対も当たり前にしてください。
リアルファーはやめて!エコファーにしよう!」

20161211nofur31.jpg

「Let's Go!NOFUR!」
「Fur Free Asia!」
「毛皮を売るな!」
「毛皮を買うな!」
「毛皮を着るな!」
「毛皮を飾るな!」
「命を奪う!」
「毛皮やめよう!」
「あなたが買うから!」
「動物苦しむ!」
「命の犠牲のファッションなくそう!」
「命の犠牲にさよなら!バイバイ!」
「毛皮に!」
「冷たい!」
「態度を!」
「毛皮を!」
「買わない!」
「絶対!」
「買わない!」
「命が喜ぶオシャレをしよう!」
「あなたが欲しがる!」
「毛皮のために!」
「動物苦しむ!」
「毛皮なくそう!」
「環境壊す!」
「毛皮をなくそう!」
「命に優しい!」
「エコファー選ぼう!」
「動物苦しむファッションなくそう!」
「リアルファー反対!」

20161211nofur32.jpg
20161211nofur33.jpg

毛皮を欲しがる日本人のために、
今日も約4500頭の動物達が殺されました。
そんな糞しょうもないファッションの飾りのために、動物を殺した皆さん。
反省もできないのですか?
20161211nofur35.jpg
20161211nofur36.jpg

毛皮を剥がされた後も、もがき苦しんでいるその血まみれの子を見て、
何故行動のひとつも起こせないのですか?
あなたの心が死んでいるからですか?
20161211nofur37.jpg
20161211nofur38.jpg

あと一体、どれだけ訴えれば解ってくれるんですか?
それはあとどれだけ動物達を殺したあとでしょうか?
20161211nofur39.jpg
20161211nofur40.jpg

いつもデモ行進をすると、海外の方の反応は主に欧米系と思われる方々が目立つが、
今日は先頭横断幕に中国語と韓国語で毛皮反対!と記していた事もあってか、
アジア系観光客の人々の反応がいつも以上に高かった。
今や、中国の動物愛護(アニマルライツ)な意識は今や日本を超えてしまったといってもいいくらいになっている。
現状を見ると、無関心を餌に寄生している人が多い日本よりも、
問題に向き合う力は中国の方が強いのではないか、
本質に気づけば、日本よりも進化する国かもしれないと私は考えています。
毛皮消費大国日本の意識改革は勿論必要だが、
毛皮生産大国の中国の人々の協力なしには毛皮問題を改善するのは難しい。
なので協力者を増やすために中国の皆さまへ向けたアクションは重要です。
今回もFurFreeAsiaにアクセスしやすいようにアレンジした中国語で記したチラシを配布しました。
DSC_2069.jpg

いつも以上に受け取り率が高くデモ前半でチラシがなくなる事態となり、
何故もっと持ってこなかったんだろうと後半後悔する破目になりました。
関心を示して下さった中国をはじめとしたアジア圏の皆さん!ありがとう!!
20161211nofur42.jpg

前半終了。
予定通り、日が暮れる時間帯が訪れました。
映像デモをする日はいつもより、デモ開始時刻を遅くしています。
映像カーに映し出される動物達の姿を目立たせるためです。
20161211nofur43.jpg

暗闇で際立つ、毛皮にされる動物達の苦しみ。
明るい時よりも、人々の視界に届く、心に響くはずです。
20161211nofur48.jpg
20161211nofur50.jpg
20161211nofur51.jpg
20161211nofur52.jpg

私が毛皮問題を知った時、この問題を伝え改善が進んでいくにつれ、
まず最初に変化が訪れるのは売る側ではなく、買う側の消費者の意識だろうと考えていました。
買う側は、毛皮を買わなくても何の問題もないはずですが、
売る側は、商売なので利益の問題が関わってくるからです。
しかし予想は外れ、現実は逆となりました。
先日もファッションビルに行きましたが、数年前とは光景が変わりました。
明らかにフェイクファーの販売が目立ち、リアルファーは売り場から減少していました。
ファッション業界の方が、消費者よりも進んで意識を変え行動を起こしていることを感じます。
それだけ日本人は個人単位で命を守る活動に貢献できない人が多いということなのでしょう。
だからしつこくリアルファーを着用してる無関心平和ボケ人種が多い。
大手メディアからも、動物性衣類の問題について積極的に発信されるようになりました。
数年前から見れば夢のようなニュースです。時代は確実に動いています。
なんと来シーズンからはあのセオリーも毛皮反対ブランドに加わるとのこと♪
『アニマルフリー 動物素材に背を向けたカッコよさ』 NIKKEI STYLE
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10066450Z21C16A1NZ2P00?channel=DF090220166682

個人では動けないが、周りに合わせるのは得意な日本人。。
アニマルフリーなファッションがもっと流行れば、適当な意識でそれに乗っかる人は多くなるかもしれません。
しかし、自分の心で考え進んだ道でなければ、いつでも簡単に後戻りするでしょう。
単なる流行りで毛皮を止める人が増える、そんな現実にならないように、
動物達の苦しみを伝え広めていくことを止めてはならないでしょう。

20161211nofur53.jpg
20161211nofur54.jpg
20161211nofur55.jpg
20161211nofur57.jpg

まだですか?
早く行動起こしてもらえませんか?
皆さんが見ているその地獄絵図は、幻でもなんでもなく、今まさに起こっている事なのですよ?
ここを通り過ぎたら、まるで何事もなかったかのようにまたいつもの生活に戻るのですか?
何故そんなことができるのですか?
20161211nofur60.jpg
20161211nofur61.jpg

デモ行進が終わる頃、雨が降ってきた。
リアルファーのための犠牲。
こんな簡単な事が伝わらない世の中に、一体なんの価値があるのだろう。
しつこく伝わらないこの残酷な世界に向けて、動物達の苦しみの涙が降り注ぐ。
20161211nofur62.jpg
20161211nofur63.jpg

今日の毛皮反対活動はアジアファーフリーキャンペーンの一環ということもあり過去最高の参加者を動員して盛り上げたかったのですが、その気持ちは全くといっていいほど届かず、今日京都に集まってくれたのはたったの22人。
また東京毛皮反対デモ行進も参加人数はまさかの267名と、過去最少人数となったよう。
合わせても300人にいかないとかほんまショックでビックリ・・・。
新規参加者は増えているということでそれだけが唯一の救いだが何故年々行動する人が減っているのか不思議でならない。
リアルファーにされる動物達の苦しみは減っていない(状況によっては増えている)というのに、
ここぞという時にも集まれない、他人任せにできてしまうその余裕が一体どこから生まれるのか全く理解できない。
この国の命を守る意識の薄さにはうんざりだ!!!と言い続けて何年になるだろう。
過去の記事を見ても同じ事ばっかり言っている。同じ言葉を何年も吐き続けている自分にもうんざりゲロゲロ。
毛皮反対デモを見た街行く人たちのツイッター反応も動物の苦しみなんてどうでもいい相変わらずキチガイレベルな発言が目立っていたし、
まだそこかよ!!!って突っ込む気力もなくなってくるほど残念モードで終えたデモ。
そんな状況だから、参加者の皆さま1人1人がより輝いてみえます。
今日はスタート前に時間の余裕あったというのに、珍しく集合写真を撮り忘れていた私(@_@;)
なので真っ暗の中での撮影となってしまいましたが、皆さんお疲れ様でした!ありがとう!!!
本日の訴えをまとめた動画はこちら。


【本日の参加者】22名
さっち~、うっき~、池ちゃん、辰田、カマキリ兄貴、うーぴー、安ちゃん、
さゆみさん、ヒエジマさん、タマちゃん、まみちゃん、あおい母さん、
Yumiさん、千春さん(初)、多田モン、ゆうさん、池永さん、タッキーさん、まいちゃん(初)、高木さん(名古屋から初)、木庭さん(岡山から初)、レイラ(ロシアから留学中、初)
20161211kyoto.jpg

こちらは東京で声をあげた仲間達☆267名
20161211tokyo.jpg

東京毛皮反対デモ行進の様子
30761996023_b0b534d0c6_k.jpg
31424731002_0322bb121c_k.jpg
31424696802_282f70a63a_k.jpg

こちらは香港のLUSH前で行われたFurFreeAsia毛皮反対活動の様子♪
あ!!右の人が持ってる「あなたは毛皮反対ですか?」ボード!
もしかしてこないだ京都でやった活動で作ったのを参考にしてくれたのかな?(*^o^*)
だったら嬉しいな♪
15400408_10154378892397772_1024925755469450855_n.jpg
15338613_10154378892637772_4031376530373635248_n.jpg
15442264_10154378896712772_2470778000417421379_n.jpg

FurFreeAsiaキャンペーン☆引き続き盛り上げていきましょう!!!
http://www.fur-free.com
12月25日は神戸で年内最後の毛皮反対デモ行進がありますよ!
11日は悲惨でしたが、まだ25日を盛り上げるというチャンスが残っているって皆さん知ってましたか?
毛皮の残酷さを知っている皆さん!
どうか一緒に残念残酷モードを消し去って下さい。
最低でも30人は集まらないと年越せない!!!
【クリスマスも毛皮にさよならキャンペーン@神戸三宮】

https://www.facebook.com/events/1143391072449011/
ARkobe1225.jpg

当日はこんな感じで皆さんにクリスマスコスプレをお願いしたいそうです♪
衣装等はアニマルライツ神戸が用意してくれています♪
私も以前クリスマスに活動した時の衣装やグッズあって持っていくので皆さん是非着てくださいね♪
(これは2012年12月24日に行った毛皮反対デモの1枚)
xmas.jpg

デモ終了後は、予定していたダ・マエダさんでVEGANディナー♪
バスで向かうには時間が厳しかったので、結局タクシーで行くことに^^;
帰りはバス使ったけどね。
DSCF4510.jpg
DSCF4512.jpg

今日はデザートまでついたVEGANお任せコース3500円♪
前田シェフが作るVEGAN料理は絶品!
今は動物性も扱っているけど、いつかVEGANイタリア料理専門店になってほしい。
因みに京都駅の姉妹店「サルーテ」は、VEGAN専門店です。
DSCF4513.jpg
DSCF4521.jpg
DSCF4518.jpg
DSCF4522.jpg
DSCF4527.jpg
DSCF4524.jpg
DSCF4534.jpg

さっち~一押しのVEGANピザは、2種類出てきた♪
カット枚数が人数と合わなかったので、残ったピザをかけて華麗なるジャンケン大会が行われました、笑
DSCF4535.jpg
DSCF4537.jpg
DSCF4539.jpg
DSCF4542.jpg
本日のスイーツは、柿のロータルト♪
DSCF4550.jpg

毛皮問題くらい超当たり前のことすぎて訴えてる事自体が違和感。
世界がVEGANベースになるのはいつの日か、、笑
VEGAN最高☆
DSCF4553.jpg

最後に京都デモ参加者の皆様のFurFreeAsiaを載せておきます♪(撮れてない方もいます。すみません。)

DSCF4431.jpg
DSCF4433.jpg
DSCF4435.jpg
DSCF4438.jpg
DSCF4447.jpg
DSCF4449.jpg
DSCF4462.jpg
DSCF4472.jpg
DSCF4476.jpg
DSCF4492.jpg
DSCF4494.jpg
DSCF4497.jpg
DSCF4499.jpg
20161211e.jpg

早く終わらせたい。この苦しみを。
20161211f.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。