苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

2015.12.20 参加者募集!「ファッションに命の犠牲はいらない! リアルファー反対デモ行進@京都」参加予定の皆さまは必ず最後まで目を通して下さいね。 

【12/11追記】デモ終了後の懇親会の件。参加予定だったけど参加連絡してないだけだった方が数名いた事が判明しお店を確保する事ができましたのでやはり懇親会はアリとさせて頂きます。ややこしい事いいまして申し訳ございません。因みにお店の方の準備等もありますので当日キャンセル、当日参加は受け付けられません。もし当日キャンセルする方がいた場合、その方が負担する予定だった参加費用を周りの参加者が負担しなければならない事になってしまいます。参加予定だけど参加連絡してないという方、もしくは当日キャンセルになる可能性があるから止めておこうかな、という方がいましたら早めにご連絡をお願い致しますね。

【12/10追記】デモ告知して1週間経ちますが、懇親会を含めて参加意思を示して下さった方が1名しかおられませんでした。そのような状況でお店を手配するのは厳しい状況にありますので今回はデモ終了後の懇親会はナシとさせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

************************************************************************

毛皮製品を喜んで身につけてる人たち、購入しようとする人たちに抱えて貰いたい、
毛皮を剥がされた動物達の死体・・・。
あなたが欲しがるから動物達はこんな目に遭わされる。
嗚咽が止まらない、そんな現実がまだまだ存在します。
https://www.facebook.com/otwarteklatki/timeline



12月20日(日)今シーズン2回目のリアルファー反対デモ行進@京都を行います。
毛皮反対意識がどんどん高まっているのは間違いないのですが、
やっぱり街のあちらこちらで今年も毛皮製品を身につけた人たちをまだまだ目にします、、、。
これだけネットが普及し情報を入手しやすくなっている、また問題だらけのこの現代社会で、いまだにリアルファーの残酷さに辿りつけない人たちは一体、どんなテクニックを使っているのか?っと思うほど、よくもまあそこまで無関心に生きていられるよなと思ってしまいます。。。
何だか本当に可哀相な人達ですよね、、、。
次の誰かを動かす力にするために、みんなでまた一緒に声をあげましょう☆
因みに今回もあらゆる動物虐待行為を発生させる大元の原因になっている肉食行為を肯定されてる方の参加は受け付けていませんのでご注意ください。
(動物の苦しみを減らしたいという理由で動物の肉を食べる事を止めた、もしくは今そこに向かって努力している方なら現在まだ肉食に加担していてもOKとします。VEGANである必要はありません。)
何故肉食が動物虐待の根本的原因になっているかはこちらで簡単に述べておりますので疑問を感じる方は以下の記事をご覧下さい。
また私が今後活動を呼びかける際、肉食反対である事は必須であり、ここを崩すことはないのでご了承くださいませ。
毛皮反対デモに限らず、「命を守ろう!」と訴えながら、肉食行為を肯定することは、「命を守りません!」と言ってるのと同じである事に早く気づいてほしいな。

「~屠殺場がある限り、戦争も終わらない~」レオ・トルストイ
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1560.html

今回のデモ内容は、前回行ったリアルファー(毛皮、ダウン、ウールなどの動物性衣類)に反対するデモの時と、コールも含めて同じ感じになる事が予想されますので、参加予定の方は、前回のデモの記事もチェックしておいて頂きたいです♪

「2015.10.11 リアルファー反対デモ行進@京都 #レポ」~ファッションにも食事にも命の犠牲はイラナイ~
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1646.html

参加者募集【2015.12.20 リアルファー反対デモ行進@京都】

開催日時:2015年12月20日(日曜日)
集合時間:15時30分~
出発時間:16時~18時くらいまで(もっと早い時間を希望してましたが他のデモ隊と被ってしまった為、いつもより遅くの出発となります。)
集合場所:三条大橋界隈(今回京都デモ初めての集合場所となります。場所は下の地図でご確認ください)
kyotodemomap7b.jpg
解散場所:京都市役所前
デモルート:三条スタート→河原町通り→祇園方面→折り返して来た道をUターン→河原町通り→京都市役所前
(京都市が歩道を広げたせいで高島屋から先の四条通りがデモ行進できなくなった事が毎回腹立ちますが)
kyotodemomap7.jpg
主催:アニマルライツ京都(さっち~個人)
maiko5a_20140731013633070.jpg

【注意事項】
※雨天決行(台風など激しく天候状況が悪く中止になる場合は当日の11時頃までにこちらのページでお知らせ致します。)
※アニマルコスプレ、クリスマスコスプレ大歓迎☆
※パネルなど多数用意ありますので手ぶら大歓迎ですが、各自アピールされたいものがある場合はご自由にお持ち下さい♪
※動物性衣類(毛皮・ダウン・ウール・アンゴラなど)を身につけての参加は当然禁止。
ただしエコファーアピールなどもさせて頂きますので、フェイクファーやフェイクレザーなど見た目が紛らわしくても動物性でなければ積極的に身に着けて頂いてもOKです♪
※動物性衣類には肉の副産物等、肉食問題が関係している部分もあります。訴え内容に統一感を出すためにも最低限の条件として肉食されてる方の参加は不可とさせて頂きます。但し現在肉食を避けられない状況にあるがそこを目指してる方の参加はOKです。VEGANである必要はありません。せめて動物の肉くらいは食べない選択をしているアニマルライツな意識を持った方でお願い致します。
※活動の輪を乱すような方、動物が苦しんでる現状を自分愛護の為に利用している方などの参加は固くお断りいたします。
※距離がありますので、歩きやすい靴でご参加下さい。
※動物を連れての参加は不可とさせて頂きます。
※お子様連れの参加はOKですがお子様の負担にならないようご注意願います。
※写真と動画を撮りますので、ご都合の悪い方はサングラスや被り物を用意して参加して頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

【デモ行進終了後は懇親会あり】
懇親会は肉食料理は扱っているものの、VEGANに理解がありVEGAN料理を提供してくださる当blogでもお馴染み、バリバリインドネシアで行うことに致しました。
【バリバリインドネシア】
http://www.geocities.jp/balibali_indonesia/
アクセス:京阪電車「四条」駅7番出口より徒歩1分
      阪急電車「河原町」駅1番出口より徒歩3分
開催時間:デモ行進終了後18:30~21時頃までを予定
参加費用:2000円(ドリンク代は各自別)

【参加希望の方へのお願い】
パネル準備等に向けて、ある程度参加人数を把握しておく必要もあるため、お手数お掛けいたしますが参加予定の皆様は、以下のメールアドレスに以下★の必要事項を添えて、できるだけ早めに参加の意思表示を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
※件名は「リアルファー反対デモ行進@京都」参加希望として頂き、以下の情報を添えてメールをお願い致します。
★お名前(ニックネームでも可)お友達と参加される方などは代表者の方が参加人数をお知らせ下されば結構です。
★どちらからの参加ですか?⇒都道府県
★当方主催の京都デモ行進は初参加ですか?(どちらかご回答をお願い致します)⇒ ①はい ②いいえ
★このデモ行進の情報をどこで知りましたか?
★ブログやFACEBOOKなどされていましたら宜しければURLをお知らせ下さい。
★パネルは持参されますか?⇒①はい ②いいえ
★デモ行進終了後の懇親会には参加されますか?⇒①はい ②いいえ
★携帯連絡先(電話番号&メールアドレス)~すでにお知らせ下さってる方は不要です~

参加連絡先(さっち~)⇒nofur-kyoto@hotmail.co.jp
(携帯から連絡される方は先にこのアドレスの受信許可設定をお願い致します。)
※私の携帯アドレスをご存じの方は上記ではなく携帯にご連絡頂いてもOKです♪

皆さんは、彼の存在、この動画を知っていますか?
http://alfjp.blog96.fc2.com/blog-category-35.html
私は毛皮問題を知ってすぐに彼の行動を知りました。
今回参加予定で、まだ彼の事を知らない皆さまや、こちらの記事に目を留めた方はこちらの動画に是非目を通して頂きたいです。
The Witness
「スラム街に暮らす1人の男性が毛皮のために殺される動物たちの事を知り、その事実を人々に知らせる活動を行い、あなたもこの事実の目撃者になってほしいと作成した衝撃的なドキュメンタリーである。」


毛皮問題を知ってから、ずっとやってみたかった事。
今準備しておりますが、今回もしかすると、映像デモが実現するかもしれません。
準備整えば、そして当日雨でなければ、
今回の訴えである、
毛皮やダウン、アンゴラやウールなどのリアルファーの真実を映像で流す予定です。
画像だけでも残酷だと言われる事は多々ですが、
それとは比べ物にならない程、ありのままの姿、動画はもっと残酷でありそれが真実です。
ファッションのために犠牲になる動物達。
そんな動物達のありのままの姿を知ったら、
もうこんな事は終わらせたい、自分も行動しよう、そんな気持ちでいっぱいになる人ばかりになると信じて・・・。
映像デモが成功しますように、、、。
スポンサーサイト