苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムでテープで口を縛られた犬が発見され救助され話題に。肉にされている動物達にも同じ目を向けて欲しい。 #肉食反対 

「ベトナムで虐待された犬を無事救助、話題に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000034-minkei-asia
7月24日(金)12時15分配信 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

ベトナムのベンチェー省で現在、テープで口を縛られた犬を救助した話が話題となっている。(ホーチミン経済新聞)

"テープが外されて包帯にされた犬 © Dien Nguyen"
inuniku16.jpg

犬を発見した瞬間の写真(関連画像)
inugyakutai.jpg

同省に住んでいる写真家のDien Nguyen(ジエン・グエン)さんが7月21日、同省の風景を撮影するために散策していた時、テープで口を縛られて大きなけがをした犬を発見した。近づいたら犬が逃げてしまうと思ったグエンさんは犬の写真だけを撮っておいた。その後、グエンさんが写真をフェイスブックに掲載し、誰か発見したら自分に知らせて、救助を手伝ってほしいとネットに呼び掛けた。

同投稿は瞬く間に多くの人にシェアされすぐネットに広がった。 犬の状態に「悲しい」「救いたい」との書き込みが相次ぎ、ホーチミン市のある獣医グループも救助のためベンチェ―省に出向いた。

犬はなかなか見つからず諦めようとしていた時、同獣医グループが地元民から家の近くで見つけたとの連絡を受け、無事保護。犬は治療の後、口のテープを外された。今ではホーチミン市に運ばれて治療を受けているという。

グエンさんは「発見したとの連絡を相次いでもらったが、現場に行ったら、犬はどこかに行ってしまっていた。ベンチェ―は農村で畑が多くてたとえ見かけても保護することが難しかった。口の部分が完全に壊疽(えそ)していた。犬はこの状態で10日間ぐらいいたようだ。発見した時、犬が川の水を鼻で飲んでいることを見て生きる意志があると強く思った」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク
~転載終了~

テープで口を縛られた犬。
中国や韓国を始め、アジアで犬を食べる習慣のある国は多いがベトナムもそのひとつ。
肉食の為にテープで口を縛って虐待虐殺するのは日常茶飯事に行われている事。
この子も、肉にされる予定の子だったのではないかと想像する。
「悲しい」「救いたい」そんな気持ちを共有した人が沢山いて救われた命。
そんな優しい気持ちを抱ける人が沢山いるのに、どうして日常的に行われているそれは放置するのか。
肉食しながら「可哀相」!?!?「私は動物が好き」!?!?
そんな自分が可哀相な目に遭う動物達をなくせない原因になっている事を自覚できないのは何故?
肉にされている動物達にも同じように「悲しい」「救いたい」という書き込みが殺到しなければならないはず。

inuniku6_2015072523560055b.jpg
dogmeat.jpg
dogmeat13.jpg
dogmeat5.jpg
dogmeat6.jpg
dogmeat4.jpg

「ベトナムの少女、失踪した愛犬を犬肉店で見つけて号泣」
#動物はあなたのゴハンじゃない
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1567.html
dogmeat12_20150726001832392.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。