苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日!締め切り間近!畜産動物達の為のパブコメにご協力を!!こんな悲しい 『肉の顔』をなくしていくために。 

「明日殺されます!里親になってください!助けてください!」
犬や猫のように呼びかけては貰えない。
殺されるのが当たり前。
命として扱って貰えない本当に可哀相な家畜たち。

まゆちゃん所の牛もまた連れて行かれた。。。
今日殺される。
mayu.jpg

家畜が置かれている状況は本当に悲惨。
肉食して感謝しているというあなた。
本当に感謝しているというなら、黙認しているのではなく、
あなたが食べたいが為に苦しみの一生を送る畜産動物達の悲惨な状況を少しでも変えるために、行動するのが筋ではないのでしょうか。
もう動物達をこんな目に遭わせたくないと、食生活を見直し声をあげ行動してるあなた。
いつもありがとう。
心ある人間の皆さま、動物達の代わりに声を届けてください。
今日殺されたり今この瞬間に拷問されている命を救えなくても、
未来のそんな命を救う事に繋がるかもしれません。
現在、農林水産省より畜産動物達の為のパブコメが募集されています。
計3件あります。うち2件は今日3月6日の17時が締切となっています。
一言でもいいので、どうかご協力を。

↓↓↓詳しくは、動物の解放のブログまで↓↓↓
意見例も沢山載っています。

3月6日17時まで!!!
①「家畜改良増殖目標についてパブリックコメント」
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

3月6日17時まで!!!
②「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」に対する国民の意見募集

http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

3月9日17時まで!!!
「養豚農業の振興に関する基本方針」に対する国民からの意見募集

http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

buta_20150306032452e24.jpg


~以下転載~

ジョアン・マッカーサーの写真集 『肉の顔』
http://www.vegworld.jp/blog/kiji/joanne-mcarthur-nikunokao/

毎年、何千億以上もの動物が殺されて、肉にされます。これらの動物達は自由を奪われ、暗くて狭い檻に閉じ込められ、麻酔なしで切断され、死ぬまで苦しみ続けるのです。地獄絵図のようですが、「何千億」と聞いても、ピンと来ないでしょう。そのような大きな数は、私達には想像も理解も出来ないものかもしれません。

しかし、その膨大な数の動物達は、皆それぞれが知覚、感情、個性を持つ生き物なのです。ジョアン・マッカーサーは、このような畜産動物の実態を人々に伝えるために、食肉工場に潜入して動物たちの写真を撮るフォトジャーナリストです。

niku1.jpg
3年間も狭い妊娠豚用クレートに閉じ込められた母豚は、体の向きを変える事さえ出来ません。一生を飛行機の座席で過ごすようなものです。殆どの豚は発狂し、檻の棒を噛み続けます。

niku2_20150306033111039.jpg
母豚は自分が殺される日を待つ他、何もできません。

niku3.jpg

niku4.jpg
鶏たちは、麻酔なしで痛覚神経が多いくちばしを切断されます。

niku5.jpg
1羽当たりの広さは、iPadの大きさと同じぐらい。

niku6_20150306033138cb9.jpg
野生の母豚は産まれた子豚のために巣を作りますが、狭い檻に入れられた養豚場の母豚は自由に動いて自分の子供と接する事さえ出来ません。

niku7.jpg
檻では歩けないため、豚のひづめは伸び続け、最終的には立つだけで痛みを感じるようになるのです。

niku8.jpg
食肉処理場への出発。何百羽もの鶏が一つの小さな枠箱に押し込まれます。そのせいで骨折したり、仲間に潰されて死ぬこともあります。

niku9.jpg
死んだ、または死にそうな子豚は大型ごみ容器に捨てられています。

niku10.jpg
ストレス過多で死んだ雌鳥。

niku11.jpg
人間を恐れる豚たち。

niku12.jpg

niku13.jpg
子豚たちは麻酔なしで去勢されます。

niku14.jpg

ジョアン・マッカーサーが撮った写真をもっと見たい方は、「We Animals」のホームページからアクセスして下さい。毛皮産業から、捨てられたペットや動物実験まで、人間のために犠牲になる動物に関する様々なテーマがあります。

~転載終了~

と畜場でのどを渇かせて死んでいく動物たち
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。