苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛皮大好きのビヨンセは偽VEGAN「ビヨンセ、ビーガン料理の宅配会社設立」 

利己的なベジタリアンやビーガンが大嫌い。
毛皮大好きのビヨンセにビーガンと名乗られたくない。
beyonce.jpgbeyonce2.jpg

家畜が救われる道が開けるなら、VEGANが広がるなら、ネタとしては応援したいが、
影響力の大きい存在だけに、VEGANが歪んで伝わるのではないかと、ほんと心から喜べないニュースだわ。

「ビヨンセ、ビーガン料理の宅配会社設立」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20150204-1430299.html
2015年2月4日12時34分

 歌手のビヨンセ(33)が、ビーガン料理の宅配サービスを設立した。

 ビヨンセ(33)は、エクササイズ心理学者のマルコ・ボルヘスとチームを組んで、ビーガン(菜食主義)の食事を提供するサービスを設立したとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えている。

 このサービスは「22 Days Nutrition」という“習慣を変えるには22日間必要だ”という考えからはじまっている。このサービスは1回の食事が、9ドル76セント(約1151円)から16ドル50セント(約1946円)の価格だという。

 ビヨンセは表明文で「私はこのチャレンジを行い、マルコに従ってできることに感謝しています」「彼は私が知っている最もエネルギーのある人で、これはヘルシーなライフスタイルを生きるという彼の決断なのです。彼は人々により良い栄養の選択をするモチベーションを与える素晴らしいプログラムを考えました。あなたに必要なのはトライすること。私ができたなら、誰にでもできます」とコメントしている。

 ビヨンセは2013年12月に夫で歌手のジェイ・Z(45)とこの22日間の菜食主義にチャレンジしていた。【ハリウッドニュース編集部】


【イタすぎるセレブ達】ビヨンセ大失態。毛皮を着て“ビーガンレストラン”へ!
http://japan.techinsight.jp/2013/12/kay-beyonce-wears-fur-to-a-vegan-restaurant.html
2013年12月09日 22:15 (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

今月44歳の誕生日を迎えた人気ミュージシャンJay-Zは、「クリスマスまでの22日間、ビーガン(vegan:完全菜食)にチャレンジするよ。妻ビヨンセも一緒にね!」とブログで明かし話題になったばかり。そんな中、12月5日には夫婦仲良くビーガンランチを食べに出掛けたが、このときビヨンセはなんと毛皮のショールを着用。ビーガンレストランに着て行くには一番避けるべきアイテムを選択し、動物愛護家らの反感を買ってしまった。

これまでも、動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)はとにかく歌手ビヨンセが嫌いであった。というのも過去にビヨンセはオーダーメードの蛇皮スニーカーを購入。それに子牛の毛、さらにはワニやダチョウなどの皮まで使われていたことから、代表者のひとりはビヨンセをこう批判していたのだ。

「大金持ちだと世間に誇示すべく多くの動物たちを殺すとは、実に愚かなことです。」

しかしこのたび夫Jay-Zは「クリスマスまでの22日間、ビーガン食にチャレンジする」と宣言。PETAもこれをおおいに喜び早速オフィシャルサイトで「おめでとう!」と伝えていたが、12月5日に夫と共にウェストハリウッドのビーガンレストランを訪れたビヨンセは、なんと日本円にして50万円弱の毛皮ショールをしっかりと着用していたのだ。

動物の愛護目的で完全菜食の道を選択する人が多い中、ビーガンレストランに毛皮で行ってしまったビヨンセ。当然そのファッションミステイクを批判されるもビーガンチャレンジは続行中で、連日のようにボリューム満点の美味しそうなビーガンメニューをインスタグラムにアップしている。

~転載終了~

beyonce3.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。