苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

夢を見る前に、目を向けるべき現実がある。環境・社会問題をSTOP!もし「ディズニーキャラクター」が現実世界に現れたら 

動物達の瞳から、2度と悲しみの涙が流れませんように。
動物達を理不尽に虐げる現実が、一刻も早く過去のものとなりますように。
何を言われようとも。この現実を隠さないで。


環境・社会問題をSTOP!もし「ディズニーキャラクター」が現実世界に現れたら
http://tabi-labo.com/13865/painfuldisney/
2014年5月27日 TABILABO

「こんな姿、見たくなかった。」そう思うかもしれない。ディズニーファンの皆さん、ごめんなさい。

しかし、夢の国の住人たちも、リアルな現代社会に一歩でてみたら、こんな顔をしているかもしれない。

痛々しい現実から目を背けないで!

1. ムーラン
ムーランの闘う相手は、もはや国でも民族でもない。世界規模で闘わねばならない公害という敵だ。
disney1.png

2. 不思議の国のアリス
路地裏に紛れ込んだアリスは、その好奇心で知らない人から勧められた小さなビンを手に取った。どうやらこの状況、初めてではなさそうだ。
disney2.png

3. ダンボ
もうダンボは空をとべない。自由にすれば、主人からムチが飛んでくるのだから。
disney3.png

4. 101匹わんちゃん
今日、ペットショップの前を通った人、つまりはこういうことなのです。
disney4.png

5. くまのプーさん
いつも通り帰ったプーさん、お家がなかった。
disney5.png

6. ポカホンタス
ネイティブアメリカンが元々暮らしていた土地は、今やカジノに変わってゆくという事実が。
disney6.png

7. バンビ
殺されたバンビの母。部屋に飾られる置物という無惨な姿に変えたのもまた、人間。
disney7.png

8. チキンリトル
チキンリトルは衝撃を受けた。僕は違った意味で求められているみたい。
沢山の人間がこのお店にお腹をすかせて入って行く。。。
disney8.png

9. リトルマーメード
石油まみれのアリエル。恋人エリック王子を思う高らかな歌声も、悲痛な叫びに変わる。
disney9.png

ジェフ・ホン(Jeff Hong):ディズニーアニメで数々の名作を生み出した絵コンテアーティスト。作品を手がけるなかで、キャラクターたちが「 物語とはまったく違う環境に放り込まれたらどうなるのか」という疑問からこれらの絵を制作した。

【海外:アート】ディズニーの世界を現実に置き換えたら…悲惨なメルヘン崩壊をアーティストが再現
http://www.terrafor.net/news_sIzGp6GP4I_834.html
2014年5月23日 18:00 

あるアニメーターが、いつも輝いているディズニー映画のキャラクター達を現実の世界に置き換えた。
映画の中とは打って変わって、どのキャラクターも輝きを失い、実に不幸そうだ。

disneyM1.png
(画像:Mirror。不思議の世界に戻ろうとクスリ漬けになるアリス。)

ニューヨーク出身のアニメーター、ジェフ・ホンさん(35)は、子供達に大人気のディズニーキャラクター達を現実の世界に置き換え、180度世界観を変えてしまった。

ディズニー映画の明るく前向きな雰囲気はどこへやら、ただの悪夢としか思えない。
だが、悲しいかな、これが現実だ。

現代で不幸を噛み締めているキャラクターたちの一部を見てみよう。

『リトル・マーメイド』のアリエル
disneyM2.png
(画像:Mirror)
映画の中ではいつも美しい海の中を自由に泳いでいるが、現実ではそうは行かない。海の環境汚染は進む一方だし、気をつけないとこんな風に、タンカーの重油流出事故に巻き込まれて、油まみれになってしまう。

爽快な笑顔と美しい髪は、見る影もない。

『美女と野獣』のベル
disneyM3.png
(画像:Mirror)
街一番の美女として名高いベルだが、現実の世界では、その美貌を保つのは容易ではない。

年々たるむ顔には、リフトアップの整形手術が必須だ。

『101匹わんちゃん』のダルメシアンたち
disneyM4.png
(画像:Mirror)
映画の中では、彼らの毛皮でコートを作ろうとしていたクルエラ・デ・ビルの魔の手から逃れるが、現実はどうだろうか?

ダルメシアンは今でもそれなりに人気はあるだろうが、ダルメシアンに限らず、犬を飼うとなるとお金がかかる。
101匹すべての引き取り手は見つからないだろう。一度引き取っても、すぐに手放してしまう飼い主もいるだろう。

結果、せっかくクルエラ・デ・ビルから逃れても保健所行きとなり、明日安楽死させられるかもしれない不安定な身の上となる。
保健所の小さなケージより、クルエラ・デ・ビルの家の方が環境が良かったのではないかと思ってしまう。

どのシチュエーションでも共通して言えることは、現実世界がこのままなら、どのキャラクターにもハッピーエンドは決してやってこない。

【記事:りょーこ】
参照元:Mirror

~転載終了~

ドナルド・ダックは、ダウンやフォアグラの犠牲者ですね。。。
donald.jpg

down12.jpg
foademo5a.jpg

改めて。「ディズニーランドはリアルファー禁止」毛皮着用者はお断り。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1424.html
petafur.jpg
スポンサーサイト