苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加者大募集「2014.2.9 服の日☆彡ファッションに命の犠牲はイラナイ@京都デモ」ANIMAL FREEなファッションを流行らせよう! 

【追記】以下の参加条件にフェイクファー着用禁止という記載をしてしまっておりましたが私の勘違いでした(汗)
代替品があることを訴えますので、フェイクファーやレザー風など、どちらかというと積極的に身につけて頂いた方が良いかと思われます♪参加される皆様は、どうぞ宜しくお願い致します♪

また遅くなりましたがシュプレヒコールを以下にUPしました。
参加者の皆様は目を通しておいて頂きますよう宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

「シュプレヒコール&ファッションの犠牲になる動物問題まとめ」
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1393.html
(2014.2.5更新)

*****************************************************************************
2014.1.9

2月9日は「服の日」
全国服飾学校協会・日本ファッション教育振興協会等が1988年に制定。
29(ふく)の語呂合わせに由来。

リアルファーだけではない、ダウンに、アンゴラに、ウールに、ムートンに、この季節のファッションは動物たちの苦痛で満ちている。
利便性が追求され何でも簡単に手に入り、命までもが使い捨てられる時代、
大量生産・大量消費が動物たちの闇をどんどん深くしている。
その犠牲は途方にくれる数でしょう。
しかしこのような現実を指を加えて見ているなんて出来ない。
全てをゼロにする事はできなくても、少しでも伝え広める事で、犠牲を減らしていく、動物たちの扱いを変えるきっかけにする事はできる。
伝える限り可能性はゼロじゃない。何もしなければゼロ以下。
全てではないけど、動物達が置かれている現状を知って、H&Mを始めとしたグローバル企業は毛皮やミュールジングウールやアンゴラ製品をすでに廃止、これから廃止の方針を示している。

「無印良品」が残酷な豪州ウールの取扱い廃止を表明!ユニクロもGO!H&Mと動物の権利
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-610.html
H&Mさすがの行動「H&Mアンゴラ混商品を打ち切る 中国のウサギ毛の乱暴な刈り取りを受けて」
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1336.html

企業がそうであるように、また自分たちもそうだったように、
動物達が置かれている現状を知って、選択を変える消費者が必ずいる。

ANIMALFREE1.jpg

毛皮の代わりにフェイクファーを。
ウールやカシミヤやアンゴラの代わりにアクリルやポリエステルニットを。
ダウンの代わりに中綿やプリマロフトを。
本革の代わりに合成皮革を。
動物性素材を使わなくても防寒もオシャレも出来るアイテムが多数用意されている。
特にこの日本でその選択はたやすい。
オシャレの為に動物達を苦しめないでほしい。
「服の日」ファッションにされていく動物達の代わりに声を届けよう。

「2014.2.9 服の日☆彡ファッションに命の犠牲はイラナイ@京都デモ」

日程:2014年2月9日(日)
集合場所:御射山公園(京都大丸より徒歩5分程度)
kyotodemomap.jpg

集合時間:13:30~
(準備お手伝い下さる方は13時には来て頂けましたら助かりますm(_ _)m)
出発時間:14:00~ 終了予定時間:16:30
デモルート:御射山公園⇒四条通り⇒河原町通り⇒祇園~四条通り⇒烏丸にて解散
約2時間30分の超ロングコースです。
もし途中気分が悪くなられたり、トイレに行かれたくなった方は抜けて頂いても大丈夫です。
またコース途中の、円山公園道(八坂神社)にてトイレ休憩の時間を設けてもいますのでご安心下さいませ。
kyotodemomap6.jpg

【注意事項】
※小雨決行(天候状況が悪く万一中止にする場合は当日の10時までにこちらでお知らせ致します。)
見た目が紛らわしいフェイクを含むファー製品(フワフワしたもの)の着用は禁止とさせて頂きます。
また当然ですが動物性衣料の着用はお控え頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
できる方はアニマルフリーなコーディネートで可愛く決めてきて下さ~い\(^^)/
※パネルを始め、のぼり旗や横断幕など持って頂きたいものが多数ありますので手ぶら大歓迎ですが、各自アピールされたいものがある場合はご自由にお持ち下さい♪
※アニマルコスプレ大歓迎。(こちらに限りフェイクファーは可とさせて頂きます。)
※距離がありますので、歩きやすい靴でご参加下さい。
※動物を連れての参加は不可とさせて頂きます。
※お子様連れの参加はOKですがお子様の負担にならないようご注意願います。
※写真と動画を撮りますので、ご都合の悪い方はサングラスや被り物を用意して参加して頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

【お願い】
準備に向けて、ある程度参加人数を把握しておく必要もあるため、お手数お掛けいたしますが参加予定の皆様は、以下のメールアドレスに以下★の必要事項を添えて、できるだけ早めに参加の意思表示を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
※件名は「ファッションに命の犠牲はいらないデモ参加希望」でお願い致します。
★お名前(ニックネームでも可)お友達と参加される方などは代表者の方が参加人数をお知らせ下されば結構です。
★どちらからの参加ですか?⇒都道府県
★京都毛皮反対デモ行進は初参加ですか?(どちらかご回答をお願い致します)⇒ ①はい ②いいえ
★京都毛皮反対デモ行進の情報をどこで知りましたか?
★ブログなどされていましたら宜しければURLをお知らせ下さい。
★パネルは持参されますか?
メールは私(さっち~)までお願い致します↓
(携帯から連絡される方は先にこのアドレスの受信許可設定をお願い致します。)
nofur-kyoto@hotmail.co.jp


※基本参加受付のみとさせて頂き、こちらから返信をお約束するものではありません。
予め解る場合はご一報頂けると助かりますが、急遽参加できなくなった場合のご連絡は不要です。
(参加される皆様の中には、こちらの情報にアクセスされてない方もいらっしゃるかと思いますし、ギリギリで参加連絡できなかった場合などは直接集合場所にお集まり下されば大丈夫ですので宜しくお願い致します♪)

【シュプレヒコール確定しましたらまたこちらに追記致します☆】


衣類の為に苦しむ動物達「ダウン」
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1046.html
down9_20140108224352a64.jpg

『こんなにも泣き叫ぶウサギの悲鳴を聞いたことがありますか?STOPアンゴラ!』
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1332.html
angora1_2014010822434979e.jpg


『ウールの思い込みを卒業しよう』

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-498.html
wool4_20140108224351d19.jpg

ファッションモデルで俳優のHIROさんのブログ『ムートンブーツの真実!』
http://amba.to/1k4P63g
『母と子の悲しい物語~ムートンブーツ』
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-974.html
wool5.jpg

『毛皮について』http://www.no-fur.org/about/
nofurdemo4a_201312220334570ad.jpg

ファッションに命の犠牲はイラナイ!情報まとめられているVEGAN漫画家なっちゃんのブログで知りましたが、
「非暴力のビーガンファッションで心もあったか☆ ウール・ダウン・カシミアにサヨウナラ~ッ!!」
http://vegemanga.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-e872.html

その中に、ファインウールと言われる種類のウールについて情報があります。
こんな所で殺されるまで一生過ごさないといけないなんて、、
たかが着心地とか、そんな人間のちょっとした利益の為に、、、
私ならどこまで耐えられるだろう。
いつ出られるか聞いているなら、その日まで何とか耐えようとするかもしれませんが、
何も聞かされない中では、更に苦痛が増す事でしょう。

~一部転載~
ファインウール、スーパーファイン、ウルトラファインウール、エクストラファインウールとは・・・ 0.0195mmより細いウール。
毛糸が細いのでしなやかな布になるそうです。moneybag日本でも売られています。(ベグブロより)


オーストラリアはビクトリア州にあるウルトラファインウールの生産農場Wool Factoryで2005年に撮影された調査映像です。(↑血が出るようなシーンはありません。)
ウルトラファインウールの飼育は集中畜産です。
特別に交配された羊は個々に小さな柵に1日24時間4~5年間入れられます。
ホコリや汚れが羊毛に入 り込まないようにナイロンのコートを着せられています。
そして他の集中畜産工場のように、羊の行動や社会的欲求、生活の質を決める本質的な要因は完全に無視されます。
こうした集中的システムの福祉評価はまだ行われていません。
不適切な環境により引き起こされた長期的なストレスの影響は明らかです。
閉じ込められた羊は継続的に囲いの板やワイヤーを噛んでいます。
繰り返す体 の動きが同様に観察されました。これは典型的な行動で、
不毛な環境で運動や草を食むといった単純な自然行動ができないためです。
ウルトラファインウールの羊に与えられる餌は外飼いの羊よりかなり少ないです。
これは健康状態の良くない羊(例えば標準体重より低い)のほうが良い羊毛が取れるからです。
他のすべての虐待行為に加え、羊達は常に餓えた状態に置かれています。
こうした羊達は室内で餌をもらえるのでその方が幸せだという提言は、
羊達が羊の生活を豊かにする必要な行動を拒絶されているのを知っている人々がする必死の防御です。

Animals Australiaの2009年に行ったキャンペーンにより、エルメネジルド ゼニア(イタリアの高級服地メーカー)は単独の囲いで飼育した羊の羊毛には賞を授与しないと決定しました。またイタリアのデザイナーロロ・ピアーナは残酷 な状況下で生産された羊毛を購入しないと発表しました。

~転載終了~

『100万の言葉を並べても、君を取り戻すことはできない。
私には分かる。だってやってみたから。
100万粒の涙を流したとしても、それは叶わない。
私には分かる。それだけの涙を流したから。』
hituji3.jpg

取り戻すことができるのは、人間だけ。
私たち、人間だけ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。