苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは思い込みではないですか?印象操作に騙されているだけではないですか?『ある精肉店のはなし』 肉食が広げる差別。絶望の世界。 

「屠殺場レポート~全て見せます。加古川食肉センター」
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-803.html

seiniku.jpg

去年、屠殺場見学へ行った帰りに必然で見つけた「ある精肉店のはなし」というチラシ。
その後情報がなかったが、勘違いの11月29日(いい肉の日)からついに公開されるもよう。
その内容について、日刊サイゾーが取り上げているが、この記事を書いた人のセンスと神経を疑う。
誰もが肉食を減らしていかないといけないこの時代に、肉食を肯定させたくて仕方がないような記事。
畜産業界からお金でも流れているのか?日刊サイゾーはまだまともな情報誌だと思ってたのに残念です。

流通過程で殺され続ける動物たちの慟哭を聞け!! - 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2011/10/post_8846.html

→観客はみな思うだろう「晩ご飯は、肉にしよう」と。
は?何勝手に全員がそう思うという事にしてるのか???
少なくとも私は、屠殺場見学に行って、肉なんてなくなれとしか思いませんでした。

→私見だが、肉ほどテンションの上がる食べ物はない。焼き肉をワイワイしながら食べるのは至上の快楽である。
この記事丸ごと私見で決めつけで自己中で勘違いだよ。

→誰もが、7代にわたっておいしい牛肉を生産し続けてきた北出精肉店の一家に親しみを感じ、腹の虫を鳴らすハズだ。
いやほんと、全員がそうだという事にしたくて仕方がないんですね。
はみ出したくない、みんなと同じがいい、流行に乗っかる、そんな意思の弱い日本人の心理を利用しているようにも思える。
少なくとも私は、腹の虫は鳴らない。眉間にシワよるし悲しいだけ。

→「命をいただくのだから、私たちは決して牛を“殺す”とはいわない」。
 差別云々ではない。大事な命をいただいているのに、失礼な言葉を使っては申しわけない。

ほんとマジふざけんなと思う。己の快楽の為に積極的に殺しておいて、殺すとは言わないとは、何事か。
殺した事実をなかった事にしようとするなんて、どれだけ命に対して失礼なのか。。。

少なくとも、私が見た屠場は美しくなかった。
ただただそこには、絶望の時間が流れているだけだった。
肉食はこの世の差別を広げている。

屠場は本当に美しかった! 今夜は焼き肉にしたくなる、ドキュメンタリー『ある精肉店のはなし』
http://www.cyzo.com/2013/11/post_15035.html
2013.11.06 水 日刊サイゾー

tosatueiga1.jpg

冒頭、描かれるのは屠場へと引かれていく牛の姿。住宅地の道を牛は引かれていく。そして、やってきた屠場は昭和の香りのする古ぼけた建物だ。オートメーション化された近代的な工場スタイルではない。建物の中へ引かれていった牛は、頭にハンマーの一撃を食らって倒れる。まだ、ピクピクと動いている牛は手作業で手際よく解体されていく。そして、枝肉になった牛は軽トラックで運ばれる。肉はブロック肉にして、薄切りやさまざまな形で店先に。ホルモンは油かすになり、皮は太鼓の材料へと、文字通り余すことなく使われていく。画面に映し出される店頭に並ぶおいしそうな肉、そして新鮮なホルモンを見て、観客はみな思うだろう「晩ご飯は、肉にしよう」と。
 今年、山形国際ドキュメンタリー映画祭や釜山国際映画祭での先行上映で激賞された『ある精肉店のはなし』。これが2作目となる纐纈(はなぶさ)あや監督が被写体にしたのは、大阪府貝塚市にある北出精肉店だ。
 この精肉店を営む北出家は江戸時代末期から屠畜・食肉の仕事に携わってきた一家で、現在の店主・新司さんで7代目になる。新司さんの父・静雄さんの代からは市場で牛を買い付け、屠畜して卸業を営むことを始めた(のちに小売りも始める)。そして、昨年まで店舗兼自宅に隣接した牛舎で牛を飼い、育った牛を肉にして販売する、文字通りの産直販売を行ってきた。
 映画は、北出精肉店しか利用する業者がなくなり閉鎖されることになった貝塚市の屠場での最後の作業を軸に、一家の姿を追いかけていくという1年を越える取材の末に出来上がった作品だ。
 少なくとも、現代の日本で牛肉を好まない人はそうそういない。私見だが、肉ほどテンションの上がる食べ物はない。筆者も何か大きな原稿を書き上げた時には肉と決めている。それに、焼き肉をワイワイしながら食べるのは至上の快楽である。
 なぜに、こんなに肉は人の心を昂ぶらせ、パワーを与えてくれるのか。この映画を見て腑に落ちた。それは、丸々とおいしそうに育った肉牛の命をいただいているからだ。その命を直接受け止めているからだろうか、作品中に映し出される北出精肉店の家族は、誰もが命がみなぎった美しさを宿している。

tosatueiga2.jpg

食卓に欠かせない牛肉だが、それがどのように生産されているのかという話になると、多くの人は目を背ける。それは、食肉産業には被差別部落で伝統的に行われてきた一面があり、現在もそうだからである。この作品は、そうした世間がタブー視し、目を背けるものにもアプローチをしていく。カメラは、結婚することになった一家の次男の婚約者にも、部落の問題を問いかけたりするのだ。
 ともすれば、伝統的な左翼の香りのする社会派のテイストになりそうなテーマ。ところが、本作には「差別をなくそう」的な説教臭さは一切ない。誰もが、7代にわたっておいしい牛肉を生産し続けてきた北出精肉店の一家に親しみを感じ、腹の虫を鳴らすハズだ。
 この一家に密着し続けた纐纈監督も、最初に魅せられたのは屠畜された肉牛の美しさだったという。
「出会いは2008年の初頭です。今回、映画が上映されるポレポレ東中野で食べ物にまつわる映画の特集があったのですが、その時に、一点の枝肉を吊るした写真が展示されていたんです。それを見て、美しいと感じました。それまで、屠場にあった冷たく暗いイメージとはまったく違う写真でびっくりしましたし、枝肉を美しいと感じる自分にもびっくりしました」
 それが、写真集『屠場』(平凡社)として刊行された本橋成一氏の作品であった。それがきっかけで、本橋氏に同行して大阪府松原の屠場を見学した纐纈監督は、さらに屠場に魅せられた。肉牛を食肉にしていくという作業は、全身を使わなくてはできない。その作業が行われる現場には、それまでに見たことがなかったほどエネルギーが充満していたのだ。
 「これは、ぜひ映画にしたい」と感じたが、当然、簡単なことではなかった。その思いが動き始めたのは11年に写真集『屠場』が刊行された時のこと。刊行に併せて大阪人権博物館で展覧会を主催した知人から、纐纈監督は北出精肉店のことを聞かされた。そして撮影されたのが、映画の冒頭で映し出される見学会の模様だ。当初は、これが最後の屠畜になる予定だった。

tosatueiga3.jpg

 ところが、見学会は日常とは違うと感じた纐纈監督は「映画にしたいので、もう一度やってほしい」と頼んだのだ。
「簡単に応じてもらうことはできませんでした。映画になれば、それをきっかけに、また差別的なことが起こるかもしれないという不安もあったでしょう。何度も足を運び、お願いしました」
 そして、2012年の3月、本当に最後の屠畜が行われることとなった。ここから始まった撮影は100時間を越えたというから、いかに熱のこもった撮影であったかは自ずと理解できるだろう。その監督の熱意ゆえなのか、映像を見ているだけでも、登場する人々の魅力にぐいぐいと引きずりこまれていく。
 実は、この作品を見るまで、かつての「屠殺場」という言葉が差別的だとして使ってはならないことに疑問を感じていた。でも、この映画での登場人物の言葉を聞いてハッとした。
「命をいただくのだから、私たちは決して牛を“殺す”とはいわない」。
 差別云々ではない。大事な命をいただいているのに、失礼な言葉を使っては申しわけない。
(取材・文=昼間たかし)

世間の人々の多くは、日常的に目に見える形の情報に安心感を覚え、
公で目にする言葉や風景を本物だと思い込み情報を吸収していく。
しかし、衝撃的な事実に出会い向き合い考え、思い込みという己の習慣的な癖に気づいた人はそうではなくなるだろう。
少し前にターザンが肉特集をしていたけど、ここでも肉食を肯定させたくて仕方がない圧力を感じた。
肉食を肯定させる為にどんな印象操作が行われていたの?
tarzan.jpg

このページを開けた瞬間、あまりにものわざとらしさに吐きそうだった。
わざとこの画像を使っている意図を感じずにはいられなかった。
畜産動物達に対する扱いの酷さを知らない人がこれを見たら、
畜産動物達はこんな風に伸び伸びと飼育されているのが普通だと思い込む(思い込みたい)事になるだろう。
実際私もそうだったから良く解る。
008_20131108225109ec0.jpg

しっかり内容に目を通した人だけが気づく。
結局の所、体にいいとかは二の次で、好きだから食べたい、舌の欲求を満たす事が目的だとぶっちゃけている。
しかし多くの読者は、肉は体に良いという印象を強く残すのだろう。
014.jpg

この手法はよく使われている。
動物のイラスト等を利用して、まるで動物が食べられて喜んでいるかのような印象操作。
018_201311082251143e4.jpg
小さい頃から何度も目にしてきた。そんな光景を重ねれば重ねるほど、それが本物だと思い込む。
021_2013110822511646f.jpg

私の中にもまだまだあると思う。
自分の中に「思い込み」がないか、「思い込まされている事」はないか、誰もが探ってみてほしい。

『あなたはもう知っていますか?日本の家畜と呼ばれる動物たちの実態まとめ。』
http://amba.to/19HMfNk

butaori6.jpg
buta9_20131109000355614.jpg
toriniku1.jpg
nikudemo1a.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。