苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスゴミの情報操作。食文化という勘違い。水族館ビジネスでボロ儲け。非難されても仕方がない。 #STOPイルカ猟 「和歌山太地町。残酷極まりないイルカ猟解禁。」  

(更新)「イルカは食べ物だーーー!!!食文化だー!!!!」という皆様にオススメのアクションを追記。

騒然! 100頭のイルカを捕獲網へ 和歌山太地町の追い込み漁解禁に外国人50人が抗議活動
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130901/waf13090115310014-n1.htm
2013.9.1 15:29 [westセレクト]

taiji91.jpg
海上保安官が警備する中、始まった鯨類追い込み網漁=1日、和歌山県太地町

 捕鯨の町として知られる和歌山県太地町で1日、クジラなど小型鯨類の追い込み漁が解禁され、バンドウイルカ約100頭を捕獲した。反捕鯨団体のメンバーら約50人が抗議活動を行ったが、大きな混乱はなかった。

 「太地いさな組合」の漁船12隻は午前5時15分に太地港を出港。同8時20分ごろ沖合約10㌔の熊野灘でバンドウイルカの群れを発見し、鉄パイプで海面をたたくなどして捕獲網を仕掛けた畠尻湾に追い込んだ。松本修一組合長は「解禁日に狙っていた種類が捕獲できて喜んでいる」と話した。

 一方、県警や田辺海上保安部が警戒を強める中、畠尻湾では反捕鯨を訴える団体の外国人らがプラカードを掲げるなどして抗議活動を展開。これに対して、「伝統的な漁を妨害するな」などと、外国人らに抗議する団体の姿もあった。

 追い込み漁は国際捕鯨委員会(IWC)の規制対象外。県は来年4月末まで、イルカや小型クジラ計2013頭の捕獲を許可している。

~転載終了~

ドルフィンプロジェクトからの画像https://www.facebook.com/irukaproject
irukataiji1.jpg
irukataiji2.jpg
irukataiji3.jpg

外国人50人が抗議活動。へー。
私が知ってる日本人だけでも何人か参加してるんだけど、一体どこに消されたんでしょう???笑
日本のマスコミはほんと嘘つきというか、リアルアホというか、情報操作が好きですね。
思いっきりバレてますけど?って事でも開き直って平気で嘘つくし狂ってるとしか言いようがない。
そして、ツイッター等では「外国人は他国の文化に口出すな。」というお決まりの意見が飛び交っていたが、
食文化に焦点を当ててる人達の反抗的な態度にはただただ失笑させられる。
私は今はイルカを始めとした動物を食べないけど、
イルカは食べたことなくても牛とか豚とか食べてた時あるから、
食べるという目的だけなら、イルカ猟は昔から続く伝統だと主張したくなる気持ちは解るし、
食べるという目的だけなら、牛や豚や鶏その他動物食べててイルカだけ妨害するなんておかしいと思う気持ちも解るし、
また他国でもイルカ猟は行われているのだから太地町だけ攻撃するのはおかしいという声が上がって当然だとも思うし共感する部分はある。
フェロー諸島で行われているイルカ猟見ても、太地町のやり方だけが残酷だなんて言えないのも解る。
ただそれも食肉を目的にした場合の話だけど。
「これはデンマーク・フェロー諸島のトースハウン市近くの港で毎年秋に行われる「GrindaDrap」と呼ばれるイルカやゴンドウ鯨の追い込み漁の様子です。」
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/27935585.html

irukaf4.jpg
irukaf1.jpg
irukaf2.jpg

ニュースでもハッキリ断言しちゃってるけど、
「水族館に売り飛ばす為のイルカ猟」が主な目的に変わってしまってる以上、太地町のイルカ猟は伝統的な漁になりえない。
食文化とかいう事にしているその意識はどこに存在しているのでしょう???
水族館へイルカを売りとばすことのどこらへんが伝統なのでしょうか???
目的が変わってしまってるのに伝統的な漁という事にされてもね、、、
金に目が眩んだただただ汚い商売としか受け取れません。
自分たちの所有物でもない生体を自然界からタダで捕まえて相当な金額をつけて売り飛ばしボロ儲けのいわゆるおいしい商売。そりゃ止めたくないですよね。
イルカ猟とかになるといつも湧いてくるアンチらの反応見てたらどっかからお金が流れてて雇われてるんだろうかとも思ってしまいます。

こちらから水族館に売られた頭数や金額などが見れます↓
「国内でも多く売買されるイルカ。イルカビジネスの実際。」

太地町のイルカ漁が解禁 反捕鯨団体は抗議活動(紀伊民報) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130902-00000003-agara-l30

紀伊民報 9月2日(月)16時50分配信

【小型鯨類の追い込み漁への抗議活動を展開する反捕鯨団体のメンバーら(1日、和歌山県太地町の畠尻湾で)】

 和歌山県太地町で1日、小型鯨類の追い込み網漁が解禁され、漁船団がバンドウイルカ約100頭を町内の畠尻湾に設けた捕獲網に追い込んだ。湾では反捕鯨団体のメンバーら約50人が抗議活動を行ったが、大きな混乱はなかった。

 町漁協の太地いさな組合(松本修一組合長)の漁船12隻は午前5時15分に太地港を出港。8時20分に沖合約10キロの海域でバンドウイルカの群れを発見し、1時間ほどかけて捕獲網に追い込んだ。

 畠尻湾では反捕鯨団体の外国人らが、日本語で「イルカを食べないで」「イルカの虐殺を終了してください」などと書いたプラカードを手に抗議活動を展開。イルカ漁を批判した米映画「ザ・コーヴ」に主演したイルカ保護活動家のリック・オバリー氏も姿を見せた。

 湾を挟んで抗議活動に反対する団体が「伝統的な漁を妨害するな」と訴えたのに対し、反捕鯨団体が「イルカ漁は日本の文化ではない」と反論するなど、論戦が加熱する場面もあったが、県警や海上保安庁の警戒もあり、大きな混乱はなかった。

 太地町漁協は「解禁日に捕獲ができて喜んでいる。警察や海保の警戒のおかげで混乱もなく、感謝している」と話した。イルカは水族館に販売するため十数頭を捕獲し、残りは逃がすという。

 追い込み網漁は国際捕鯨委員会(IWC)の規制対象外。漁はイルカを来年2月末、ゴンドウなどを来年4月末まで県が頭数を制限して許可している。

***********************************************************************


ですよね。水族館に持っていかれるなんて悔しいですよね(´・_・`)
「イルカは食べ物だーーー!!!食文化だー!!!」という皆様にこそオススメのアクションがあります☆
食文化という主張を通すために!!
イルカの生体販売を止めさせよう!イルカショーを止めさせよう!
イルカショーを支えないで欲しいと広く訴えよう!
食文化にしたい皆様へオススメアクションのひとつがこれ♪
アクション☆「イルカ展示をやめるよう各施設に意見を送ってください。」
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/NoAquarium/action/action01.html

私感情論で訴えるバカなんで難しいことは良く解りませんがこんな情報もあるんですね。知りませんでした。



irukaryo.jpg

今回ツイッター上では今までにないほどイルカ猟反対と声を上げている日本人の姿が目立っていた。
他者を思いやる心がこの日本に広がっている事を感じた。













マニラの日本大使館前でイルカ漁に反対するデモ(↓リンク先に動画あり)
http://news.tbs.co.jp/20130902/newseye/tbs_newseye2009799.html
TBS News
 和歌山県太地町で今年のイルカ漁が始まったのに合わせ、フィリピンの首都マニラの日本大使館前で2日、イルカ漁に反対するデモが行われました。

 「殺すな、捕るな、イルカを助けろ!」(デモ参加者のシュプレヒコール)

 マニラの日本大使館前で2日、イルカ漁に反対する活動家らおよそ30人が抗議活動を行いました。和歌山県太地町では毎年9月から3月までイルカ漁が行われていて、今年の漁は1日に解禁されました。デモは、この解禁日に合わせて行われたものです。

 「漁の期間中2万3千頭ものイルカが殺されています。これはとても大きな数です。残忍であり、許せません」(環境保護団体のメンバー)

 フィリピンでは水族館などで日本から輸入されたイルカによるショーが行われていますが、デモを主催した環境保護団体は、フィリピン政府に対して日本からのイルカの輸入をやめるよう求めるとともに、市民に対しイルカショーを見に行かないよう呼びかけています。(02日18:06)

helpanimalsiruka.jpg
irukashow.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。