苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母としてあるべき姿~子供の事を想えば乳牛の事も考えれらるはず~「BONES」のエミリー・デシャネル 乳牛を悲しませないためにビーガンの食生活を推奨 

emily2.jpg

「BONES」のエミリー・デシャネル 乳牛を悲しませないためにビーガンの食生活を推奨
http://www.cinematoday.jp/page/N0052799

2013年5月26日 19時51分

emily.jpg
エミリー・デシャネル - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 [シネマトゥデイ芸能ニュース] テレビドラマ「BONES ボーンズ ‐骨は語る‐」でテンペランス・ブレナンを演じているエミリー・デシャネルが、母親の乳牛に思いやりを示すため、ビーガン(完全菜食主義)の食生活を取り入れようと呼びかけている。

エミリー・デシャネル出演 映画『私の中のあなた』写真ギャラリー

 夫デヴィッド・ホーンズビーとの間に1歳8か月の息子ヘンリーがいるエミリーは、動物愛護団体PETAのビデオに出演。「母親であるわたしにとって毎日の子育ては喜び以外のなにものでもありません。でも、すべての母親がそのような体験ができるわけではないんです。酪農場にいる牛は出産後、無残にも子牛から引き離され、子牛のための乳は人間のために搾乳されるのです。このように酪農業界に虐待されている牛を救うには、おいしいビーガン食に切り替えることが一番です」とエミリーはコメントし、酪農業界の残酷なやり方に一緒に抗議してほしいと呼びかけた。

 エミリーが約15年前に食生活を切り替えるきっかけとなったのは高校時代に見たビデオだったという。「進歩的な高校だったので『ダイエット・フォー・ア・ニュー・アメリカ(原題) / Diet for a New America』(食べ物の選択が健康と環境にどのような影響を与えるかを描いた1987年の映像作品)を学校で見せられたの。それ以来、動物性の食べ物は一切口にしなくなったし、動物を使った洋服も着なくなったわ」と語り、そのビデオはものすごいインパクトがあったことがうかがえる。

 PETAと共にビーガンを推奨しているほかのセレブには、ケイシー・アフレック、アリシア・シルバーストーン、ホアキン・フェニックス、メイム・ビアリクなどがいる。(BANG Media International)

~転載終了~

この中に出てくる『ダイエット・フォー・ア・ニュー・アメリカ(原題) / Diet for a New America』というのはこれですね。
英語が理解できないのが残念。


もう少し綺麗な映像で見たい方はこちらから。25分くらいから始まります↓
http://youtu.be/pTvrhQIKanc?t=25m30s

milkdemo1a.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。