苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AERA記事「動物実験やめる企業、続ける企業 資生堂の大きな1歩」コーセーに動物実験廃止を求める署名 

2013.4.6 美しさに動物実験の犠牲はいらない!
杉本彩さん、生駒芳子さんが語る「本当の美しさ」 [イベントレポート]
http://greenz.jp/2013/04/06/crueltyfreebeauty/
DSC_0874.jpg

~JAVAスタッフブログより以下転載~
2013年04月01日
「本日発売のアエラに化粧品の動物実験に関する記事が掲載されています」
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/64250624.html

本日発売のアエラ('13.4.8増大号)に以下の記事が掲載されています。

「動物実験やめた資生堂が投じた一石」
たかが人間「美白」のため、動物が犠牲になる。そんな状況を放置していていいのか。まず、化粧品最大手の資生堂が動物実験廃止を決断した。続く企業は出るのだろうか。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14817
(※記事の閲覧はできません)

アエラの記者がいくつかの大手化粧品メーカーに対して独自に取材をした結果が書かれています。
最大手資生堂に続いて廃止を決断するかどうかの注目が集まる業界第2位の花王は何と回答しているのかというと
「(動物実験の存廃について)回答しない」!?

そしてもう一つ、驚くのは富士フイルムの回答です。
2010年秋の段階でJAVAの公開質問に対して「他社・他機関に動物実験を委託している」と回答していたにもかかわらず、アエラの取材に対して
「既に2008年以降、廃止している」!?

ぜひ、本誌をお手に取ってご覧ください。

*****

私たちJAVAでは、3月29日付で、国内大手化粧品メーカー19社に対して、化粧品等の動物実験に関する公開質問状を送付しました。

送付先メーカー:
花王/カネボウ化粧品/コーセー/P&Gジャパン/富士フイルムヘルスケアラボラトリー/サンスター/ノエビア/ポーラ/日本メナード化粧品/ライオン/ユニリーバ・ジャパン/ホーユー/アルビオン/日本ロレアル/ファンケル/ピアス/再春館製薬所/ロート製薬/クラシエホームプロダクツ

その結果は、追って、ウェブサイト等でご紹介していきますので、引き続きご注目ください!

ウサギを救え! 化粧品の動物実験反対キャンペーン JAVAスタッフブログ
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/

~転載終了~

動物問題の不透明な闇の部分に焦点を当ててくれるAERAの記事は好きだし有難い存在だけど、
今回の記事はJAVAも指摘してるように、情報が中途半端で、一部勘違いの情報を与えてしまうような内容になってしまっている。
花王やポーラやP&Gが最低な企業という印象は正解だと思いますけど、
コーセーや富士フィルムがまるで動物実験してない企業かのような誤った印象を与えてしまっているのは残念です。

コーセーは2012年4月以降医薬部外品についても動物実験を行っていないとAERAに回答してますが、
最近コーセーに動物実験反対の手紙を送ったAsaさんからの情報によると、
「KOSEからの回答」
http://ameblo.jp/romitoasa-s14/entry-11505100548.html

「一部の医薬部外品について最小限の動物試験による安全性評価が必要となっています。」
って、残酷さを隠したいのが伝わってくるややこしい表現が腹立つ感じなんですけど、要するに一部の医薬部外品については動物実験をしてる(今はしてないとしても認めてる)って事ですよね!?
ですが回答を見る限り、もっと声が届けば廃止を決めてくれそうな前向きな姿勢は見えると思います♪
コーセーに動物実験廃止を求める署名運動も起こっています。署名まだの方はお願い致します♪
AERAの記事で勘違いしてしまった方たちの耳にも届く位に拡散されますように。
クリック⇒「コーセーに動物実験廃止を求める署名」

ま、動物実験うんぬん以前に、CMにリアルファー使用してる時点で、意識の低い企業だなと思ってしまう訳ですが、、

動物実験&リアルファー2つも消費者からわざわざ止めて貰うようにお願いされないといけないって、相当恥ずかしい話かと、、
DSC_0878.jpg

aera2.jpg
AERA 2013年4月8日増大号より
動物実験やめる企業、続ける企業
資生堂が投じた一石
たかが人間の「美白」のため、動物が犠牲になる。
そんな状況を放置していていいのか。
まず、化粧品最大手の資生堂が動物実験廃止を決断した。
続く企業は出るのだろうか。


DSC_0877.jpg

 資生堂が大きな一歩を踏み出した。
「動物実験の廃止を決定」
 2月28日にそう発表し、4月から新たに開発する化粧品と医薬部外品について動物実験をしないことを明らかにしたのだ。
同社の知久真巳・品質評価センター長は言う。
「長く動物愛護と安全性を両立できるよう努力を重ねてきましたが、この度、動物実験をやらなくても安全性を保証できる体制が整いました」

背景に欧州の動き

 日本では、化粧品の安全性はそれぞれの企業が保証する必要がある。
そのために動物実験が必要とされてきた。
だが資生堂は、人工皮膚などを用いた「代替法」の研究を1980年代から進め、ようやく動物実験をしなくても安全性が保証できる体制を確立したという。
 一方で「医薬部外品」に分類される化粧品で新たな原料を使う場合には、国が目や皮膚に対する毒性試験を義務づけており、実質的に動物実験が不可欠になっている。
つまり、はやりの美白化粧品などで「薬用」をうたう新商品を開発したければ、化粧品メーカーは動物実験をせざるを得ないのだ。
 だからこそ、資生堂の決断には大きな意味がある。
成熟市場でも伸びが期待できる、スキンケア化粧品の売上高に占める医薬部外品の割合は半分程度。
この分野で新商品を作りにくくなれば、企業としては大きなリスクとなるのだ。
「新原料だけが消費者に提供できる価値ではありません。使ったときの気持ちよさや楽しさなど、消費者が本当に求めているものを作りたい」(知久氏)
 資生堂が大きく舵を切った背景には、欧州連合(EU)域内で3月11日から、動物実験を経た化粧品が全面的に販売できなくなったことがある。
NPO法人「動物実験の廃止を求める会」の亀倉弘美理事は言う。
「化粧品開発における動物実験廃止を目指す運動はこの30年あまり、欧米で盛り上がりを見せ、ついにEUでの全面禁止が実現しました。日本の化粧品メーカーは『のれんに腕押し』の状況が長く続きましたが、EUの動きが追い風になっています」

「日本企業も変わる」

 最大手の勇断に、競合他社も追随を始めている。
「外注委託を含めて動物実験は実施しておりません。今後も動物実験を行わない方針です」
 マンダムは3月8日、ホームページでそう公表した。
コーセーも本誌の取材に対して2012年4月以降、動物実験をしていないことを明らかにした。
「医薬部外品の原料も含めて、動物実験は基本的に廃止しています。現時点で自社でも外注でもしていない」(広報)
 だたそれでも、廃止に向けて腰の重い企業があるのも事実。
化粧品2位の花王は
「動物実験に関する考え方は資生堂と同じ」
「安全性確認の評価技術レベルも資生堂と同等」
としつつも、廃止はしていない。
存廃の見通しについて尋ねても、「回答しない」(広報)
 また、日用品世界1位の米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)も
「できる限り代替法に置き換えているが、廃止すると断言できない」と答える。
「日本国内では薬事法上求められているものがあり、最低限必要な動物実験はやむを得ずやっている。当局に規制緩和を働きかけており、最終的には廃止したい」(日本法人広報)
 英国のLUSH(ラッシュ)では創業以来、動物実験をしておらず、廃止キャンペーンも展開してきた。
日本の現状について、創業者のマーク・コンスタンティン氏はこう話した。
「化粧品メーカーが『美白が良い』などという価値を作りだし、その結果たくさんの動物が犠牲になっている。すごく怖いことだ。でも欧州では、消費者の9割が動物実験に反対で、動物実験していない商品を好んで購入している。日本企業も遠からず変わらざるを得なくなるのではないか」

編集部 太田 匡彦

隅々まで何度もめっちゃ探したけどない!!!笑
中吊りにも取り上げられてないなんて残念過ぎる件
aera1.jpg


太田 匡彦 (Masahiko Ohta)

[プロフィール]
1976年東京都生まれ。98年東京大学文学部卒業。
読売新聞東京本社を経て2001年、朝日新聞社入社。経済部記者として流通業界などの取材を担当。
07年9月からAERA編集部記者。

著作に、AERAで連載したものをベースに加筆した『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日新聞出版)がある。

売れ残った犬を冷蔵庫に入れて処分しているペットショップもあります。
http://www.asahi-net.or.jp/~uz4s-mrym/page/osusume/osusum156.html
satub.jpg

AERA記事 改正動物愛護法「子犬を守れ」8週齢規制は骨抜きに
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-874.html
AERA記事 『医学界が潰した動物愛護法改正案』
http://alive-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-d88d.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。