苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear Hayakawa.M.BonBon 

福島原発被害の動物たちより
http://www.facebook.com/fukushimaanimal

【名古屋家族殺害自殺事件】
真相はわかりません、しかし100%はっきりしていることは、政府が福島のペットたちを皆殺しにしなければ、彼女の時の流れは変わり、この事件は無かったという事です。
私たち国民は、すべてが犯罪者なのだということです。
政治家も、官僚も警察や行政も誰もが住民の被災ペットを見殺しにした結果なのです。彼女の死は、原子力災害がもたらしたということを忘れてはいけません。
どうか、この悲劇を忘れないでください。
早川ぼんぼん、早川家の皆様のご冥福を祈らせていただきます。


~動画概要より~
公開日: 2013/01/15
M早川 名古屋のボンボンアニマルレスキューの創始者です。
彼女はこの世の形で私たちを残していると、すべての彼女の可愛い子供に続いている:彼女の動物が虹を越えています。
BonBonHayakawaは彼女のチームの動物の救助や避難所の非常に詳細かつ公に開いた本を保った。
ボンボンは動物を養うために、救出するために特定の飯舘村で、福島への碁ゾーン(800キロ1/way)に愛知県から訪れた。
ボンボンとチームメンバーは、動物の細心の注意を払いました健康に戻して授乳し、常にそれらを採用するために探して。
彼女は自分の仲間や動物の救助の友人のほとんどの多くが尊敬されていた。
BonBonHayakawaは尊敬と信用が原因であった場所に信用を与えた。
ボンボン早川は自分自身についてや金銭的利益のことを考えず、彼女の心から与えた。
だから私は、彼女のブログからの写真のビデオを打ち出しました。

M Hayakawa is the Founder of BonBon Animal Rescue of Nagoya.
She has left us in her earthly form and has followed all her lovely children : her animals
across the Rainbow.

BonBonHayakawa kept a very detailed and publicly open book of her teams animal rescue and shelter.

Bonbon traveled from Aichi Prefecture to to Fukushima No Go Zone( 800Km 1/way), in particular Iitate Village to feed and rescue animals.

Bonbon and team members took meticulous care of the animals, nursing them back to health and always looking to adopt them.

She was respected by many of her peers and most of the animal rescue friends .
BonBonHayakawa respected and gave credit to where credit was due.

BonBon Hayakawa gave from her heart without thinking about herself or of financial gains.

So i have put forth a photo video from her blogs.


福島原発被害の動物たちに寄せられていたコメントより

「こんな事言ったら変かな。自殺じゃ無いのでは?何か変じゃないですか?私だけかしら・・・。ご冥福をお祈りします。」

「私も違和感をなぜか感じます…あんなに動物を大切にしていた彼女が自身の愛犬を置いて自ら命をたつなんて考えれない…飯舘の犬猫達が飼い主に置いていかれたいかざるおえなかった…そんな犬猫を救済してきた彼女がこんななくなり方はなんだか違和感を感じます…」

私も勿論違和感を感じています。
そして沢山の方たちが違和感を感じています。
こんな国だからこそ余計でしょう。
最初は違和感を感じていても口にできなかったけど、
やっぱり口にしたい。
これは勝手な妄想。ひとりごと。
彼女は殺人犯なんかじゃない。
彼女は自殺じゃない。
ニュースを知った時からそう感じずにはいられなかった。
何か組織的な圧力を感じずにはいられない。
正義感の強い彼女。
もし彼女が殺されたのだとしたら、
こんなに屈辱的な死はない。
もし私が彼女だったら向こうの世界から気付いてほしいと叫んでいるだろう。
彼女が必死にメッセージを訴えてるように思えてならない。
警察だって信用できない時代。
目に見えるものは何も信じられないこんな世界。
それでも真実が明るみになりますようにと祈る。
たとえ真実が闇に葬られたとしても、
私は君を信じる。
どうしてもそれだけあなたに伝えたくて。

2ch【名古屋3人殺害】行方不明だった長女が自殺 小牧市の山中で遺体発見★3
http://dat.2aa.jp/newsplus/1358159170.html

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。