苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆

動物達の真実から目を背けさせようと圧力をかけられアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してきました。そうやって動物達の苦しみはなかった事にされ続けてきたのです。消しても隠せない位に動物達の叫びを共に伝えてほしい。広めてほしい。

この世界に、心地よい風が吹き渡りますように。  

オカンのいない日常に慣れない日々。あれほど、飽きるほど、覚悟を重ねてきたのに、こんな気持ちになるなんて。産まれて初めて感じる喪失感。唯一の味方を失ったような気持ち。オカンを特別視してるみたいだが、開き直ってる訳ではなく、やはりオカンは特別な存在なのではないだろうか。私たちは母のお腹の中から産まれてきたのだから。差別なんかではなく、関わりが大きければ大きいほど自然に生まれる感情だろう。オカンを見る度...
Read More

緊急災害時動物救援本部には警戒を「東日本大震災で被災したペットの義援金が“塩漬け”に…17日提訴」 被災ペット募金2億円の不可解 #被災動物 #義援金詐欺  

東日本大震災で被災したペットの義援金が“塩漬け”に…17日提訴 MBSニュースhttp://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000005239.shtml 東日本大震災で被災したペットたちを救おうと集められた義援金。ところが総額7億円のうち2億円余りが分配されないまま塩漬けになっているとして、寄付をした人たちが17日、裁判を起こすことがVOICEの取材で分かりました。兵庫県篠山市の動物保護施設。東日本大震災の直後、福島で保護さ...
Read More

衝撃!残酷過ぎる毛刈りの実態「ウール製品をボイコットする理由」  

「ウールの思い込みを卒業しよう」よりhttp://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-498.html【血だらけの羊毛刈り】私たちの多くは、羊の伸び続ける毛を人間が刈り取ってあげることが、羊にとっても嬉しいことなのだと信じていました。しかし実際は人間が干渉せずとも、羊は厳しい寒さに適応するために必要十分な毛量だけを生やすものだったのです。羊の毛は、寒さにも熱さにも断熱材として機能するのです。労働者は時間ではなく、刈...
Read More

残酷な人間に産まれて本当にごめんなさい「50年の虐待から救出されたゾウ」 

50年の虐待から救出されたゾウ、やっと訪れた自由に「涙を流した」。http://www.narinari.com/Nd/20140726842.html2014/07/09 12:02 Written by Narinari.com編集部50年間虐げられ続けた生活を抜け出し、やっと自由を手に入れた1頭のゾウがインドにいる。幼いうちに母親から人間の手で引き離された後、次々と転売され、さまざまな所有者のもとを渡り歩いたとされる50歳のオスのゾウ・ラジュ。最後の所有者となったゾウ使いからは...
Read More

追記:殺されずに済んだようです⇒北海道【苫小牧保健所】上半身をスプレー塗装され虐められた犬を更に酷い目に・・・ #迷い犬 #殺処分 #七夕の願い 

7/8追記:期限が切れたので保健所に確認した所、無事飼い主さんが見つかったそうです。飼い犬を他人に殺害依頼しちゃう人間が溢れた恐ろしい国ですから、飼い主から日常的に虐めを受けている動物達も沢山存在している事でしょう。犬の毛を染めて喜んでるようなバカな飼い主もいますし。犯罪者同然の人間でも簡単に飼い主になれてしまうこんな国だから、飼い主が見つかっても不安な気持ちが勝ってしまい喜べないというなんとも悲し...
Read More

「アメリカ カーギル社、2015年末までに妊娠豚ストールを全廃を決定」 #食糧支配 #モンサント #動物はあなたの調味料じゃない 

カーギルは、モンサントの大親友(キ▼ー▼)χ(▼ー▼キ)現状身動きのとれない豚たちにとってGOOD NEWSという事になるのかもしれないが、家畜はこの世で穀物を一番消費する生き物。一体これまで家畜にどれだけ儲けさせてもらってきたのでしょうね。結局どこまでもコントロールされているのだろうと感じる。動物の為、人間の為、地球の為、私たちの未来の為、あらゆる犠牲を考えたら、肉食を止めるに尽きる。私たちにその選択はたやすいはず...
Read More

人は食べられなくなったらどうなるんだろう「人は不食で生きられるか」最後だとわかっているから 

「人は食べられなくなったらどうなるんだろう。」不食で生きている人々もいる。痩せ細っていくオカンの姿に、そんな事を検索したくなる。最後に食事をしたのは、6月12日の夜。あれから、もう23日。オカンは何も食べていない。脳梗塞に脳出血に、挙句の果てに脳にまでガンが広がりオカンの脳はボロボロ。積極的な治療はもう望まないという事で、自宅で介護していたが、突然脳が発作を起こし救急搬送したのが13日。その日からついに...
Read More